コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

保育園の問題からICTシステムの必要性を考える

保育園の問題からICTシステムの必要性を考える
保育園の問題は保育園だけではなく社会の問題とも言えますが、保育園ごとに問題を解決する努力も必要です。保育園が抱える問題として大きな「保育士不足」「保育の質」「待機児童」の3つの問題からICTシステムの必要性を考えてみましょう。

目次

    保育園が抱える3つの大きな問題とは?

    保育園の問題は社会問題になるほど大きな影響があります。

    よく話題になる保育園が抱える問題として、

    • 保育士不足
    • 保育の質
    • 待機児童

    の3つの問題があげられることが多いです。

    どれも大きな問題を抱えており、保育園や保育士、利用者、すべてに影響を及ぼすような問題です。

    また、3つの問題は関連性を強く持っており、

    保育士不足が保育の質の低下を招きますし、保育士不足によって待機児童も増えてしまう側面があります。

    保育園が抱える3つの大きな問題を紐解き、ICTシステム導入の必要性を考えていきましょう。

    保育園の問題:保育士不足とは?

    保育士不足は拡大し続けており、保育士の確保は保育園の課題です。

    なぜ、保育士が不足してしまっているのかというと、

    保育士の資格を持っていても保育園で働かない人が多いからです。

    保育園を選択しない理由として保育園や保育の仕事に問題がある場合があります。

    保育園への就職を敬遠する理由として、

    • 仕事の責任の重さ
    • 就業時間・残業時間
    • 賃金の低さ
    • 休暇の少なさ

    が多くの理由として挙げられています。

    これらの問題や不満を解消することで保育士不足が緩和される可能性があり、

    保育のICTシステムを利用することで解決できる部分もあるのです。

    保育園で働くことを敬遠する保育士は働くことに不満や懸念があるからです。

    ですが、保育士の不安や懸念を取り除けたり改善に向けた動きを示すことで、

    働いてみようかな、と考える保育士の方も多くいます。

    改善に向けた動きとしてICTシステムの導入や利用は有効ではないでしょうか。

    保育園の問題:保育の質とは?

    保育の質の定義は難しいもので考え方の違いなどもあるものですが、

    保育の質の問題としては、保育士不足や保育士が多忙なことにより、

    適切な保育が行き届いていない状態である、という部分があります。

    園の規模や園児の人数に左右される面もあるでしょうが、

    保育士の仕事としてのメインは保育です。

    保育以外の仕事に時間が取られてしまい肝心の保育が疎かになってしまったり、

    保育士不足によって園児の保育がままならない状態が問題視されています。

    保育士の確保や保育の質の向上は園や保育士も改善していくべきことですが、

    ICTシステムでその他の業務を軽減することで改善できる可能性もあります。

    保育園の問題:待機児童とは?

    待機児童の問題は保育園だけの問題ということは出来ませんが、

    保育園で働く人や運営している方たちも苦労する面もあります。

    待機児童とは、

    保育施設に入所申請をしていて条件を満たしているのに入所できない子供

    のことを意味しますが、約2万人もいると言われていて大きな問題になっております。

    入所したいのに出来ないという問題の要因としては、

    保育士不足や施設数の減少などが要因としてあげられます。

    保育園独自の動きだけでは難しい面も大きく、待機児童の問題は社会問題とも言えますが、

    ICTシステムを利用することで間接的に待機児童の問題の改善にも繋がるので、

    可能なところから保育園を良くする動きが重要になってきます。

    保育園の問題にICTシステムはどう作用する?

    保育園の問題に対してICTシステムを活用できれば良い作用が期待できます。

    なぜなら、ICTシステムは業務効率化や業務支援のシステムだからです。

    保育においても業務効率化や業務支援をICTシステムで実現できれば、

    保育士の仕事の手助けになり、残業や保育以外の業務の軽減につながります。

    保育以外の仕事が軽減されることで、保育に時間を割けるので保育の質も担保できます。

    また、待機児童の問題は保育士不足と保育の質どちらの要素も影響する問題ですので、

    ICTシステムで保育士の待遇や処遇を良くする工夫をして、

    保育の質を効率的に高める手助けになることで、待機児童の問題にも間接的に作用するでしょう。

    ICTシステムを導入すればすべての問題が解決するわけではありませんが、

    保育園が抱える問題の解決の手助けにICTシステムはなると考えられます。

    保育園の問題の中でICTシステムで解決できるものを洗いだす

    保育園にある問題は、人手不足や保育の質、待機児童以外にもたくさんありますよね。

    ICTシステムを導入することによって間接的ではなく劇的に改善できる問題もあります。

    人手不足や保育の質、待機児童の問題はICTシステムを導入したとしても、

    目に見えて問題が解決されるものではなく間接的に関与していくものです。

    ですから、ICTシステムを導入することで大幅に改善できる問題はないか?

    という視点も持ってICTシステムを検討する必要もあります。

    ICTシステムに任せることで解決する問題があるのであれば、

    導入すれば、それらに取られていた人員や時間が浮いて、

    別の問題に対応する余裕が生まれることもあるからです。

    大きな問題ではなく、小さな問題やこれが楽になったら助かるのになぁ

    という現場目線でICTシステムを導入することが結果的に大きな問題の解決に繋がるでしょう。

    ICTシステム導入は保育園の問題の解決を助ける

    保育のICTシステムは保育園が抱える問題を手助けするためのシステムです。

    保育園が抱える解決したい問題の中で、

    ICTシステムを導入することで解決や軽減に繋がる機能があれば、

    保育園が抱える問題の手助けになる可能性があります。

    保育園で働く方が方や経営する方々の努力も必要になりますが、

    ICTシステムを連動させて改善に向けた動きをしていくのが理想です。

    ICTシステムに任せたほうが効率的で解決できる部分はないか、

    働く上でや経営する中でより工夫できる部分はないか、

    と、双方の視点から問題解決に向かって進むことが重要です。

    少しでも良い方向に向かう可能性があると考えられるのであれば、

    保育のICTシステムの導入を検討してみるのもひとつの手段かもしれません。

    保育園の業務管理ICTシステムとしてキズナコネクトは「つながることで保育はもっと優しくなる」をコンセプトに
    作られました。登降園管理やお知らせ配信、写真管理・公開機能等、多彩な機能を提供しています。

    • 徹底してこだわった

      「カンタン」操作
    • 手間いらずの

      らくらく導入
    • 充実した

      サポート体制

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を
    解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた
    機能が特徴で、業務の効率化やサービスの向上を
    実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境に
    してみませんか?
    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を解決するための
    ICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?
    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?