コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

ICTシステムを使いにくいと感じる原因がICTシステム導入のヒントになる!

ICTシステムを使いにくいと感じる原因がICTシステム導入のヒントになる!
ICTシステムは多種多様なものがあり機能はもちろん、サービス内容やデザインも異なり使用感も選んだICTシステムによって変わってきます。ICTシステムを使いにくいと感じる部分を理解し保育のICTシステム選びの参考にしましょう。

目次

    使いにくいICTシステムはストレスになる

    ICTシステムでも何でも使いにくいものはストレスを感じてしまいますよね。

    使いにくさを感じる原因や理由は様々なものがあるでしょうが、

    ICTシステムの場合は、業務効率化や簡略化を目的に導入するツールですので、

    使いにくさを感じることは大きなストレスになってしまいます。

    実際に利用してから出ないと気がつけない部分もあるでしょうが、

    ICTシステムを選ぶ際や導入を決める大きな要素として、

    ICTシステムを使いやすいと感じるかどうかは、決め手として重要な部分です。

    一般的にどのような部分でICTシステムを使いにくいと感じることがあるか紹介します。

    ICTシステム選びで重要なのはユーザビリティ

    ユーザビリティという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

    ユーザビリティとは、使いやすさや使い勝手という意味で使われますが、

    ICTシステムの場合は、

    • 有効性
    • 効率性
    • 満足度

    などの面からも考えられていることもあります。

    問題に対して有効的で効率的に対処することができれば、

    自然と満足度も高まっていくと考えられますので、

    ICTシステムを選ぶ際は抱えている問題に対して、

    導入しようと考えているICTシステムが有効的かつ効率的に機能するかどうか

    を意識して選ぶことが利用者側にも求められます。

    ICTシステムを使いにくいと感じる原因とは?

    ICTシステムが使いにくいと感じる原因はどのような部分にあるのでしょう。

    人それぞれに感じる部分は異なるでしょうが、

    ICTシステムを利用する際に使いにくいと感じやすい部分を紹介します。

    デザインが見にくい

    画面のデザインや文字が見にくいと使いにくいと感じるでしょう。

    利用するうえで面倒でわかりにくいデザインであったり、

    ごちゃついて見にくいと感じるデザインであれば、

    利用することが疲れてしまうのでストレスになりますよね。

    文字も同様なことが言えますので、

    使ってて見にくかったり、使うことが疲れてしまうと感じるものは、

    合っていないと考えるべきかもしれません。

    機能が多すぎる

    機能が多いことは良いことではないのか?

    と思う方もいるでしょうが、

    使わない機能や不要な機能が多いと使いにくさに繋がります。

    また、機能が多ければ多いほど複雑になる面もありますし、

    使わない機能が多くあること自体がストレスになることもあります。

    機能の数はICTシステムの売りのひとつにもなるでしょうが、

    自分たちに必要な機能は何か?という面で考えることも大事になります。

    不具合やエラーが多い

    利用していて不具合が多く見つかったり、

    操作にエラーが頻繁に起きるようなものは、

    使いにくいのはもちろん、ストレスですし損したと感じてしまい、

    導入したこと自体を後悔してしまうこともありますよね。

    絶対に不具合が起きないICTシステムはないでしょうが、

    頻度やエラーや不具合に対する対応や修正スピードなども、

    利用している側からすれば重要な部分になってきます。

    操作がわかりにくい

    結局は操作が必要になるものですので、

    操作がわかりにくかったり、操作が合わないと感じると、

    使いにくいと感じてしまう要因になってしまいます。

    機能も良いし、画面も見やすいし、いいなって思っても、

    肝心な使う部分での操作が面倒だったりややこしいと、

    一気に使いにくいという印象に変わってしまうでしょう。

    サポートや対応が悪い

    普段は大きな問題を感じないで利用できていたとしても、

    いざトラブルや問題が起きた際に、

    サポート対応が遅かったり悪いと使いにくいというか、

    使い続けようという気がなくなってしまうこともありますよね。

    売り込むだけ売り込んでおいてサポートがない

    なんてこともあるかもしれませんので、

    ICTシステムを選ぶ際はサポート内容も確認しておきましょう。

    保育のICTシステム選びで意識しておきたいこと

    保育のICTシステムも選ぶ際には、「使いやすさ」が大事になります。

    また、選ぶポイントとして意識しておきたいことは、

    • 必要な機能があるか
    • 操作は難しくないか
    • 事前準備や費用はどれぐらいか
    • 園の規模や形態に適したものか
    • サポート体制は十分であるか

    は、最低限事前に確認しておくべきでしょう。

    また、使いやすさや使いにくさという部分では、

    独断で決めることは難しい部分があるでしょうから、

    実際に使用する立場になる人間などの複数の意見を聞いて、

    なるべく使いやすいと感じられるものや納得できるものを選ぶようにしましょう。

    使いやすさ以外にICTシステムで意識しておきたいこと

    使いやすさがICTシステムを選ぶ際は重要であると言ってきましたが、

    使いやすさだけで選んでしまうのも考えものです。

    ICTシステムを選ぶ際には使いやすさ以外にも重要なことがあります。

    忘れがちですが、導入することでプラスの効果があるかどうか

    ということを考えておかなければ導入しただけで終わってしまいます。

    良いと言われているものを導入すればそれだけで良くなるわけではありません。

    必要なシステムなのかどうかを考えることは当然として、

    • 導入することが働く人にプラスに本当になるのか
    • 不安を感じている人はいないか
    • 導入してからどう利用を進めていくか
    • 導入によって混乱や不具合は生じないか
    • 導入する準備や環境は整っているのか

    という様々な部分のケアも必要になる場合があります。

    ICTシステムに詳しくてすべて理解している方たちだけではありませんので、

    どのようなシステムでどのようなメリットがあるのかということや、

    事前にICTシステムに対する不安を払しょくしておく必要もあるのです。

    満足できるICTシステムを選ぶことが大事

    ICTシステムを選ぶ際に重要なのは総合的に満足できるかどうかです。

    利用する理由や求めているものはそれぞれ異なるでしょうが、

    満足できるかどうかを多角的な面から検討して選びましょう。

    また、ICTシステムの特徴として使いやすさは満足度に大きな影響を及ぼす部分です。

    ICTシステムを選ぶ最初のとっかかりとして、

    使いやすいかどうかや使いにくいと感じる部分は何か

    ということは参考にできる部分がたくさんあると思います。

    ICTシステムの導入を検討しているのであれば、

    使いやすさと使いやすさ以外で意識すべき点を参考にし、

    サービス選びに活用して満足できるICTシステムを選べるようにしましょう。

    保育園の業務管理ICTシステムとしてキズナコネクトは「つながることで保育はもっと優しくなる」をコンセプトに
    作られました。登降園管理やお知らせ配信、写真管理・公開機能等、多彩な機能を提供しています。

    • 徹底してこだわった

      「カンタン」操作
    • 手間いらずの

      らくらく導入
    • 充実した

      サポート体制

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    サービスを詳しく知りたい方はこちら