コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

保育園・幼稚園のICT化に必要な設備や事前準備って何?

保育園・幼稚園のICT化に必要な設備や事前準備って何?
働き方改革や保育士不足が進み、保育業務の効率化が求められており、保育現場のICT化が推進されています。保育現場をICT化したいと考えていても、ICTシステムを導入するにあたり何が必要なのかわからない方も多いのではないでしょうか。保育現場へのICT化に必要なものについて解説していきます。

目次

    保育現場のICT化で必要なものは何か?

    保育現場では、子どもを保育する以外にも多くの事務作業がありますよね。

    そのため、仕事量の多さから残業が続いたり、休みがとりづらいなどの意見が多く、離職につながるケースもあるようです。

    さらに働き方改革が進むいま、保育業界でも業務の効率化が求められており、保育士不足を解消するためにも、

    保育現場へのICT化は欠かせないものとなってくるでしょう。

    保育現場をICT化することができれば、保育業務の簡素化業務量の削減につながり、

    保育士一人ひとりの業務負担を軽減することができるでしょう。

    さらに、作業時間の短縮につながるため、子どもと向き合う時間が増え、保育の質の向上

    実現できるかもしれません。

    しかし、自分のたちの園をICT化するには、何から始めなければいけないのか、何が必要なのか気になりますよね。

    保育園・幼稚園のICT化に必要なものについて、くわしく説明していきます。

    保育園・幼稚園のICT化に必要な環境や設備とは

    まず保育現場をICT化するためには、職場環境を整備する必要があります。

    どのような環境整備が必要なのかくわしく解説します。

    インターネット環境を整える

    保育現場にICTシステムを導入するためには、まずはインターネット環境を整える必要があります。

    これまでインターネット環境がなかった場合は、インターネットの回線の申し込みや手続きを行いましょう。

    すでにインターネット環境があった場合についても、ICTシステムの導入では、回線速度などが重要になるため、

    改めて確認を行い、ICTシステムの導入に適したインターネット環境にするようにしましょう。

    パソコンの台数を増やす

    保育のICT化を行うにあたり、パソコンの台数を揃えることはとても重要になります。

    ICTシステムを導入すると、保育士が日々抱える事務作業などがシステム上で管理できるようになるため、

    パソコンを活用する場面が増えることが予想されます。

    パソコンの台数が多ければ多いほど、効率的に事務作業を行うことが可能になりますが、

    空いた時間に行ったり、交代しながら円滑に取り組めるだけのパソコンの台数を設置するといいでしょう。

    システムの設置場所をつくる

    ICTシステムを導入するときは、選んだシステムの設置場所を確保するようにしましょう。

    例えば、登降園打刻をシステム上で行う場合には、ほとんどの場合、打刻機が必要となります。

    打刻機は、タブレット型のものもあれば、パソコンを利用するものもあります。

    システムによって使用する機器の、大きさやタイプが異なっているため、導入前に必ず、

    導入したいシステムの関連機器を設置できる場所があるかどうか確認すると、

    導入したときにスムーズに対応することができるでしょう。

    保育園・幼稚園のICT化には職員の理解も必要

    保育現場ICT化に必要なことには、職員の理解を得ることも大切になります。

    職員のなかには、パソコン操作が苦手な方や、システム上で管理することへの抵抗感を感じる方もいることでしょう。

    そのなかで、職員の不安や抵抗感を払拭するためには、

    • 保育業務をICT化する目的とはなにか
    • ICT化することでのメリット
    • サポート体制は整っているか

    といったことを確認し、理解する必要があります。

    保育業務をICT化する目的について理解する

    保育業務をICT化する目的は、業務を効率的に進め、保育士の業務負担の削減することです。

    このように、「なぜICT化をするのか」ということが明確でないと、

    職員の理解を得ることは難しいでしょう。

    目的がわかったら、

    • 現状の保育業務で効率的に進めたい業務はあるか?
    • 業務負担になっているものはなにか?

    に着目して、日々の保育業務での課題や、ラクにしたい業務などを洗い出していくといいでしょう。

    時間がかかっている業務や、管理が複雑な業務など、現状を明確にすることで、課題認識も深まり、

    ICT化に対する理解を得ることができるようになるでしょう。

    ICT化することでのメリットを理解する

    保育業務をICT化することでのメリットがわかれば、職員の不安や抵抗感などを軽減できるだけでなく、

    ICT化することへの期待度もあがるかもしれません。

    保育業務をICT化することで、

    • 業務量を削減できる
    • 作業にかかる時間の短縮できる
    • 管理に手間がかからない

    といったメリットがあります。

    業務量を削減し、作業にかかる時間が短縮されると、残業時間が削減されるなど

    保育士の業務負担の改善につながりそうですね。

    さらにメリットだけでなく、「1時間かかっていた業務が30分に短縮された!

    複雑だった管理も簡単になった」など、実際にICT化した園の事例などを挙げたり、

    ICT化する前とした後でどのように保育業務が効率化・改善されたのかを知ることができれば、

    より職員の理解を深めることができるでしょう。

    サポート体制が整っているかどうかを確認する

    職員が抱えるパソコン操作の不安や抵抗感などは、目的やメリットが理解できても、

    実際に操作するとなるとやはり難しいと感じる場合も多いことでしょう。

    そこで、システムを選ぶ際はサポート体制が整っているかどうかをしっかり確認したり、

    導入やツールに関する相談窓口などを設置しておくことで、安心して活用することができそうです。

    保育園や幼稚園でICTの知識を深めるための方法

    保育現場へのICT化では、環境や職員への理解が必要であるということがわかりました。

    ほかにも園全体で、

    • ICT化に関する本を共有する
    • 勉強会を実施する

    といった方法を取り入れると、より園全体でICT化に関する知識を深めることができるでしょう。

    ICT化に関する本を共有する

    ICT化に関する本には、基礎知識を学べるものやICTの活用法などさまざまあります。

    ICTに関する本は、職員が合間をみて手に取りやすい場所に置いておくなどして、

    簡単に共有できる状態をつくっておくといいでしょう。

    またノウハウが書いてある本だけでなく、事例集などが紹介されている内容だと、

    ICTシステムを業務効率化に活かすイメージがつきやすいかもしれません。

    勉強会を実施する

    ICT化の知識を深めるために、ICTに関する勉強会を行うといいでしょう。

    ICTに関する十分な勉強会や研修等がないと、いざ操作するとなったときに不明な点が多かったり、

    これまで以上に保育業務に時間がかかってしまう場合もあります。

    また、全体で勉強会を行うことで、職員の疑問点を見える化することもできます。

    導入前後でしっかり勉強会等を行い、事前準備を整えておきましょう。

    ICT化に必要なものを明確にしてから、保育現場に活かそう

    保育現場をICT化するためには、職場環境を整備職員の理解が必要となります。

    また、ICT化における知識を身につけるために、ICT化に関する本を共有したり、事前に勉強会などを行うなど、

    安心してICT化に臨める状態をつくることが大切になります。

    保育業界の働き方改革が進むいま、まだまだ保育現場の効率化が求められています。

    業務を効率的に進めるだけでなく、保育士の業務負担の軽減が期待できるICT化はこれまで以上に各園で必要とされていくでしょう。

    現在、自園をICT化したいと考えている場合は、まずは、ICT化をするために何が必要なのか

    自園に足りていないものはなにかを明確にしてから、導入するようにしましょう。

    保育園の業務管理ICTシステムとしてキズナコネクトは「つながることで保育はもっと優しくなる」をコンセプトに
    作られました。登降園管理やお知らせ配信、写真管理・公開機能等、多彩な機能を提供しています。

    • 徹底してこだわった

      「カンタン」操作
    • 手間いらずの

      らくらく導入
    • 充実した

      サポート体制

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    資料ダウンロード 無料相談する