コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

ICT補助金とIT導入補助金の特徴と違いを解説!

ICT補助金とIT導入補助金の特徴と違いを解説!
業務を効率化するためのICT化が保育現場において進んでいる中、ICT補助金、IT導入補助金について知りたい保育関係者の方は多いのではないでしょうか。補助金を活用することで、コストを抑えて施設にシステムやツールを導入できるため、保育士の業務負担や経費削減にもつながります。ICT補助金とIT導入補助金について、政府の資料をもとに解説します。

目次

    ICT支援システムで保育業務を効率化するKIDSNAコネクト

    ICT補助金ってなに?

    ICT補助金とは、保育士の業務負担を軽減することを目的に、

    保育現場へのICT化推進のための業務支援システムの導入に必要な費用の一部を補助する、という制度です。

    ICT補助金の制度は、厚生労働省が実施しており、各自治体によって補助される金額や条件は異なります。

    また、自治体によっては予算の都合上補助金がない地域もあるようです。

    ICT補助金の対象施設やツール、補助額について解説していきます。

    ICT補助金の対象施設

    ICT補助金の対象となる施設は、

    • 認可保育所
    • 認証保育所
    • 小規模認可保育所
    • 認定こども園

    などがあげられます。

    各自治体によっては、対象となる施設が異なる場合がありますので、

    自治体に事前にお問合せしておくとよいでしょう。

    ICT補助金の対象となるITツール

    ICT補助金のの対象となるITツールには条件が設定されている場合があります。

    園児台帳、計画指導案、保育日誌の作成機能に加え、登園降園の管理機能、保護者との連絡機能など、

    保育園の業務が効率化されるための機能が備わっていることが条件と設定されている自治体が多い傾向があります。

    また、単に業務の簡素化を図るだけのものではなく、保育士や保護者にとって、必要な情報等が把握できる仕組みとなっているなど、

    保育の質の向上にも配慮されているものでなければならないとされている自治体もあります。

    ITツール導入の条件も各自治体によって異なる場合がありますが、条件を満たしていれば、

    PCなどのハードウェアも補助金の対象に含まれるようです。

    ICT補助金の補助額

    基本的には、1施設あたり最大100万円の補助金が支援されます。

    補助額や補助率は自治体ごとに異なりますので、確認は必須です。

    ICT補助金のメリット

    ICT補助金のメリットは、自治体によって対象となる経費は異なるものの、システムの購入費を含む、

    • リース料
    • 工事費
    • 備品購入費

    など、対象となる経費の幅が広いのがメリットといえるでしょう。

    また、保育業務の支援が目的の補助金ですので、

    保育園などでICT化、ICT支援システムの導入を検討している場合は、申請を検討してみるといいでしょう。

    IT導入補助金ってなに?

    一般社団法人サービスデザイン推進協議会によると、IT導入補助金とは次のような制度のようです。

    飲食・宿泊・卸売・小売・建設・運輸・医療・介護・保育をはじめ、幅広い業 種の中小企業・小規模事業者の皆様が
    「生産性向上」に役立つITツールを購入 する際に、その経費の一部を国が補助する制度です。

    出典:かんたん解説! IT導入補助金2019(~そもそも、IT導入補助金とは?~ p3)/一般社団法人サービスデザイン推進協議会

    IT導入補助金は、経済産業省が実施しており、国が補助金を支援し、

    企業がITツールを導入しやすくすることで、生産性向上・業務の効率化を実現しやすくする目的があります。

    また、IT導入補助金は、購入に関する経費が、ソフトウエア購入費と導入関連費用のみとなっています。

    IT導入補助金について詳しく見ていきましょう。

    IT導入補助金の対象企業

    主な対象は保育を含む、幅広い業界の中小企業・小規模事業者になり、

    企業規模や従業員数など対象条件が設けられています。

    IT導入補助金の対象となるITツール

    IT導入補助金の対象となるITツールは、IT導入支援事業者があらかじめ事務局に登録したITツールのみとなります。

    補助金事務局に登録されていなければ、補助金の対象にはならないので注意しましょう。

    また、PCなどのハードウェアは補助の対象にはなりません。

    その他リース料金や広告費も補助金の対象外となります。

    IT導入補助金はA類型とB類型で補助金額が変わる

    補助金を申請する際には、以下の「A類型」か「B類型」の2つの申請類型のどちらかを選んで申請してください。

    「A類型」と「B類型」では、
    ①まとめて導入する必要のあるプロセスの数、②補助上限額・下限額などが異なるのでご注意下さい。

    出典:かんたん解説! IT導入補助金2019/一般社団法人サービスデザイン推進協議会

    IT導入補助金を活用するには、ITツールの機能をまとめて導入する必要があります。

    また、導入する機能の数や組み合わせによってA類型とB類型に分かれ、A類型とB類型の2種類の申請パターンがあります。

    A型の場合

    • 補助額:40万円以上~150万円未満
    • 補助率:2分の1
    • 日々雇用されるものでないこと
      例:100万円のITツールを導入したい→50万円の支援となる

    B型の場合

    • 補助額:150万円以上~450万円未満
    • 補助率:2分の1

    IT導入補助金は年度によって、補助額や申請期間が変わるため、それぞれ確認するようにしましょう。

    IT導入補助金のメリット

    ICT補助金は、自治体によって補助金額が異なりますが、基本的には上限額が100万円となっていましたが、

    IT導入補助金では、A型の場合は補助額が40万円以上~150万円未満、B型の場合は補助額が150万円以上~450万円未満と、

    ICT補助金と比べると、補助金の上限額が高く設定されていることが、メリットといえるでしょう。

    保育業界でのIT導入補助金支援事例

    保育業界でのIT導入補助金支援事例

    出典:かんたん解説! IT導入補助金2019(P3)/一般社団法人サービスデザイン推進協議会

    保育業界では情報共有・連絡ツールの導入支援が事例としてあり、

    実際に帳票・書類作成をIT化し、書類作成・提出までの時間が短縮されたそうです。

    待機児童の解消にむけて保育のICT化が推進されているため、

    今後もIT導入補助金を活用する保育園や幼稚園は増えていくと予想されています。

    ICT補助金とIT導入補助金の違いは?

    ICT補助金とIT導入補助金について、対象となる施設やツール、メリットなどを紹介してきました。

    似ている気もする、ふたつの補助金ですが、

    ICT補助金とIT導入補助金ではどのような違いがあるのでしょうか。

    補助される金額が違う

    ICT補助金は、補助金額が上限1施設あたり最大100万円の補助金になります。

    IT導入補助金ではA型の場合は、40万円以上~150万円未満

    B型の場合、150万円以上~450万円未満となっており、

    ICT補助金とIT導入補助金では、補助される金額が異なります。

    補助金を扱う管轄が異なる

    ICT補助金とIT導入補助金では、管轄が異なっています。

    ICT補助金は厚生労働省が管轄しており、補助額や申請時期などは自治体によって異なります。

    IT導入補助金は経済産業省が管轄しており、保育のほかにも幅広い企業が補助金の対象となっています。

    対象となる事業が異なる

    ICT補助金とIT補助金では、対象となる事業が異なります。

    ICT補助金の場合、

    保育所や幼保連携型こども園、地域型保育事業等(居宅訪問型事業は除く)の、保育事業が補助金を受けられる対象となります。

    一方、IT導入補助金の場合は、

    保育事業だけでなく、飲食や宿泊、卸売・小売、医療や看護といった幅広い業種の中小企業・小規模事業が補助を受けられる対象となります。

    対象となる支援範囲が違う

    ICT補助金においては各自治体が設定した条件を満たしていれば、

    PCなどのハードウェアの購入も補助金の対象になる場合があります。

    ですが、IT導入補助金の場合は対象外となります。

    補助率に差がある

    ICT補助金は経費の4分の3までが支援の対象になることが多いようです。

    一方、IT導入補助金は2分の1を補助するとしています。

    補助される割合が異なりますので、しっかりと把握しておきましょう。

    ICT補助金とIT導入補助金の違いを理解して適切に活用しよう!

    ICTを補助金とIT導入補助金では、保育業務の効率化・保育士の業務負担の削減、

    という点では目的は同じであるものの、制度ごとに対象や補助額などは異なります。

    保育業界では、保育士の人材確保に向けた取り組みとして、保育業務のICT化が欠かせないものとなってきています。

    その中で、ICT補助金やIT導入補助金の制度の内容や違いなどを理解し、適切に活用することができれば、

    業務負担の削減や働きやすい職場環境へとつながっていくことでしょう。

    保育現場の効率化を目指す対策として、ICT補助金、IT補助金導入補助金について確認し、業務支援システムやITツールの導入を検討してみてください。

    ICT支援システムで保育業務を効率化するKIDSNAコネクト

    導入をご検討のお客様は下記よりお問い合わせ下さい