コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

ICT化・ICTシステムがあれば防ぐことができる保育園・幼稚園の課題と問題!

ICT化・ICTシステムがあれば防ぐことができる保育園・幼稚園の課題と問題!
保育園や幼稚園などの保育現場でも、ICTシステムを活用した業務の効率化が行われています。しかし、ICT化に馴染みがない、抵抗感があるなどさまざまな理由でICTシステムの導入を検討していない園も多くあります。保育現場において、ICTシステムがあれば防げる出来事とはどのようなものか、くわしく解説していきます。

目次

    保育現場にICTシステムがあることで防げる出来事とは?

    今年4月からスタートした働き方改革により、保育業界においても、業務効率化に向けた取り組みが進められていることでしょう。

    その取り組みの中で、業務を自動化し、保育士の業務を効率化するシステムとして、

    ICTシステムの導入を検討する園が増えている現状にあります。

    一方で、まだまだICT化に馴染みがなかったり、パソコン等のシステムでデータを管理することへの抵抗感があるなど、

    さまざまな理由でICTシステムを導入していない園も多くあるようです。

    ICTシステムを導入していない園の場合、

    • 業務量が多い
    • データの確認漏れやミスが多い
    • 残業が多い
    • 職員間の共有・連携がうまくできない
    • 子どもと向き合う時間が少ない

    などといった問題が発生することもあるのではないしょうか。

    また、以上のような問題が続くと、保育士の業務負担の原因にもなり、離職につながってしまうことも考えられるでしょう。

    こうした問題に対し、ICTシステムを導入することができれば、

    • データの確認漏れやミスを防ぐことができる
    • 職員間の情報の共有や連携不足を防ぐことができる
    • 保護者に対する情報の伝達漏れを防ぐことができる
    • 職員の長時間労働・残業につながるのを防ぐ
    • 業務に偏りが生まれるのを防ぐ

    などといった、ICTシステムを導入することで防ぐことができる出来事もさまざまあるのです。

    保育現場をICT化すれば防げる出来事について、くわしくみていきましょう。

    ICTシステムがあればデータの確認漏れやミスを防げる

    ICTシステムがあれば、データの確認漏れやミスを防ぐことができます。

    そもそも保育現場には、園の運営に関するあらゆるデータや、園児・保護者一人ひとりの情報がたくさんあります。

    そのなかで、データの管理を手作業で行うとなると、多くの情報を一つひとつ目視で確認しなければなりません。

    アナログな方法かつ、数多くの情報を目視で確認した場合、

    • 確認漏れがあっても気づきにくい
    • 集計等にミスがあった場合、もう一度はじめから集計し直さなければならない

    などといった問題が起こりやすくなるかもしれません。

    また、データのダブルチェックが必要になるなど、作業に手間がかかってしまう要因にもつながってしまいます。

    その反面、ICTシステムは、あらゆる情報をパソコン上で一元管理できるため、データの記録や集計等を自動で行うことができます。

    また、書類なども不要なため、ペーパーレスを実現することもできるでしょう。

    たとえば、園児の登降園打刻時間の記録を例にすると、

    専用のICカードでのタッチやタッチパネルの操作一つで、自動で登降園時間の打刻を記録することが可能です。

    そしてそのデータをもとに、システム上で園児の出席状況を簡単に確認できたり、

    延長保育料金やおむつ代等の備品なども、自動で算出することが可能なため、計算ミスなども起こりくいでしょう。

    また、システムによっては、

    • 記録漏れがあった場合、アラートが表示される
    • 未登録等の箇所に色がつく

    など、わかりやすく表示されるタイプもあるので、

    確認漏れにもすぐに気づいて対応することができるのもICTシステムの良さの一つですね。

    このように、ICTシステムは、データの確認漏れやミス等を防ぐことができます。

    ICTシステムがあれば職員間の共有・連携不足を防げる

    ICTシステムがあれば、職員間の情報の共有・連携不足を防ぐことができます。

    ICTシステムがなく、手作業で保育業務を行っている場合、職員間の情報共有や連携は、

    ファイルなどでまとめられた多くの書類から必要な情報を取り出して確認したり、口頭で共有しあうことも多いのではないでしょうか。

    そうすると、

    • 情報を取り出すのに時間がかかる、もしくは必要な情報が見つけられない
    • 担当の職員が休んでしまったときの代理対応がしにくい

    などが考えられるため、業務が止まってしまったり、スムーズな対応ができないといった問題が発生してしまうかもしれません。

    一方ICTシステムは、システム上で情報が一括管理されていることで、

    全職員が必要な情報を確認しやすく、取り出したいときに簡単に見つけることができます。

    また、園児や保護者、職員の情報についても、パソコン上で管理されていれば、担当の職員が急にお休みをしてしまっても、

    園児や保護者等の情報を素早く確認することができるので、連携不足等の心配もなくなるでしょう。

    さらに、クラス変更担当引き継ぎ等の際も、

    多くの書類を確認するなどの手間もなく、スムーズに情報を確認することができそうです。

    このように、ICTシステムは職員間の情報漏れや連携不足を防ぐことができます。

    ICTシステムがあれば保護者への連絡・情報の伝達漏れを防げる

    ICTシステムがあれば、保護者へのおたよりや大事な連絡などを、漏れなく発信することができます。

    保護者への連絡等の伝達に関しては、ICTシステムの有無にかかわらず、

    紙で作成したおたより等を渡す園など、さまざまな方法があるでしょう。

    保護者への連絡等は、万が一園児がお休みをしてしまった場合、大事な情報をすぐ伝えることが難しい場合もあります。

    しかし、ICTシステムにあるお知らせ機能やメール配信機能を活用すれば、直接、連絡事項を伝えることはできないものの、

    きちんとその日のうちに伝えるべき連絡事項を届けることができます。

    また、緊急な連絡だけでなくても、行事イベントの情報といった今後の予定を配信することで、

    保護者の方もスケジュールを確認しやすい・スケジュールを立てやすくなるかもしれません。

    ICTシステムがあれば職員の長時間労働・残業を防げる

    ICTシステムによって防げる出来事として、職員の長時間労働・残業などの労働環境の改善があります。

    保育業務には、子どもを保育する以外にも、保育計画や指導案作成、毎日の保育日誌・連絡帳の記入、保育料等の請求管理など、

    あらゆる事務作業があります。

    これだけ多くの事務作業を手作業で業務を進めていると、作業に時間がかかるため、

    就業時間に終わらず残業が続くなどの長時間労働につながることが考えられます。

    また、残業や長時間労働が続くと、休みが取りづらくなるなど、職員の負担も大きくなってしまうでしょう。

    しかし、ICTシステムがあれば、あらゆる事務作業を自動化できるため、

    • 作業にかかる時間を短縮
    • 業務量を削減
    • 確認等に手間がかからなくなる

    などといったメリットがあります。

    ICTシステムによって業務を自動化できれば、業務量が削減されたり、

    作業時間の短縮、残業時間を削減につながり、残業・長時間労働を防ぐことができるかもしれません。

    ICTシステムがあれば保育士の離職を防げる

    ICTシステムがあれば、保育士の離職を防ぐことにつながるでしょう。

    ここまで解説したように、ICTシステムがあれば、

    • 事務作業等の作業時間を短縮できる
    • 作業にかかる手間を省ける
    • 子どもと向き合う時間を確保しやすくなる

    などといった業務を効率的に進められるメリットがあります。

    このようなメリットがあると、保育士の業務負担が軽減され、

    時間や気持ちゆとりを持つことができ、働きやすい職場作りを実現できそうです。

    働きやすい職場を作ることができれば、「長く働きたい」と思う職員も増え、

    結果的に職員の定着率の向上にもつながります。

    さらに、ICTシステムを活用できれば、「ICTシステムで業務効率化している園」として、

    職員を採用する観点においてのアピールポイントになり、保育士確保につなげやすくなるかもしれませんね。

    ICTシステムがあれば子どもと向き合う時間の減少を防げる

    ICTシステムは、子どもと向き合う時間が少なくなるのを防いでくれるでしょう。

    先程も説明したとおり、保育士の仕事は、子どものお世話をするだけでなく、数多くの事務作業をこなさなければなりません。

    その中で、ICTにシステムを活用していない場合、

    • 作業に時間がかかる
    • ミスや記入・確認漏れなどが発生しやすい

    などといった問題も生じやすく、時間がかかるだけでなく、手間もかかってしまうでしょう。

    一方、ICTシステムは、多くの事務作業を自動化し、効率的に業務を進めることができるので、

    作業時間の短縮手間を省くなどといったメリットがあります。

    ICTシステムで事務作業が効率的に進められるようになれば、その分、日々の保育計画に時間を割くことができるなど、

    子どもと向き合う時間を増やすことにつながります。

    保育のICT化・ICTシステムの導入で保育現場の問題を防ごう

    ICTシステムがあれば防げる保育現場の出来事について紹介しました。

    ICTシステムは、

    • データの確認漏れやミスを防ぐ
    • 職員間の情報の共有・連携不足を防ぐ
    • 業務の偏りが生まれるのを防ぐ
    • 職員の長時間労働・残業を防ぐ
    • 職員の離職につながるのを防ぐ

    などといったさまざまなメリットがあり、保育業務を効率化するだけでなく、保育士の業務負担を軽減することができるシステムです。

    現状、ICTシステムを導入していない園の中に、

    • 業務量が多い
    • データの確認に時間がかかる、ミスが起こりやすい
    • 残業が多く休みが取りにくい
    • 子どもとゆとりをもって向き合うことができない

    などの問題で悩んでいる場合は、ICTシステムとは何か、ICTシステムのメリット等をきちんと理解した上で、

    自分の園にあったICTシステムの導入を検討しましょう。

    ICTシステムは、保育現場のあらゆる問題を防ぎ、解消につなげてくれるシステムです。

    ICTシステムの良さを知って、保育現場の職場・業務改善に活用してみてくださいね。

    保育園の業務管理ICTシステムとしてキズナコネクトは「つながることで保育はもっと優しくなる」をコンセプトに
    作られました。登降園管理やお知らせ配信、写真管理・公開機能等、多彩な機能を提供しています。

    • 徹底してこだわった

      「カンタン」操作
    • 手間いらずの

      らくらく導入
    • 充実した

      サポート体制

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    資料ダウンロード 無料相談する