コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

保育園見学は必要?電話のかけ方や会話例・訪問時のチェックポイント

保育園見学は必要?電話のかけ方や会話例・訪問時のチェックポイント maroke/Shutterstock.com
仕事の復帰や就業などを見据えて、保育園見学をしたいと考える方もいるでしょう。予約時の電話のかけ方やマナー、訪問時のチェックポイントなども気になりますよね。毎日通園することを考えると、自身が納得した形で希望園を選ぶことが大切です。保育園見学の時期や注意すべきポイント、園側への質問まとめ、失敗例などを詳しく解説します。

目次

    保育園見学は必須なの?最長6年通う可能性も…見極めが大切

    子どもの保育園を決めるために重要な「保育園見学」。

    0歳から預ける場合は、最長6年間通う方もいるでしょう。

    「仕事場の近くにある保育園にしたい」「子どもが身体を動かして遊べるように園庭が広い園がいい」など、保育園に求めている条件は人それぞれ。

    だからこそ、保育園見学に行き、どの園を希望するべきか見極めることが大切です。

    見学すると、子どもの様子や先生の雰囲気、感染症対策への取り組み方、保育室の広さなども詳しく知ることができるため、入園後の生活もイメージしやすいでしょう。

    また、待機児童が多い地域では、入所申請書に第1志望から第6志望まで記入するケースもあるようです。そのため、見学することで優先順位がつけやすいというメリットもありそうですね。

    大切な子どもを信頼できる保育園に預けるためにも、見学を行い、園選びの参考にしましょう。

    保育園見学はいつ頃?何カ所行くべき?

    見学は新年度の入園にあわせて前年の9月~11月頃までに

    保育園見学をいつ頃始めればよいのか、迷う方もいるかもしれません。

    保育園見学は1年間を通して受け入れている園が多いものです。入園の意思を決めたタイミングで、見学を開始するとよいでしょう。新年度の4月入園を希望する方は、前の年の9月〜10月頃には見学を終えておくと安心です。

    自治体への申込期間が9月〜11月頃になるため、その前に見学を終え、希望園を絞っておけば優先順位を考えて申請できるでしょう。

    訪問日の日程調整などもあるため、早めの見学を意識して行動しましょう。

    見学数は2件~5件ほど

    保育園の見学数は人それぞれですが、複数の園を比較するために2件〜5件など数件回ることを考えてみましょう。

    認可保育園の他、認定こども園や地域型保育園などさまざまな種類の保育施設があるので、その点もふくめて見学するとよさそうです。

    園によって施設の定員人数、保育方針なども異なります。比較するうちに、「自身が保育園に何を求めているのか」明確にすることができるでしょう。

    保育園見学までの準備:①情報収集が大切

    保育園見学を行う際、まずはお住まいの地域にどのような保育園があるのか確認しましょう。中には新年度の4月に開園予定の保育園もあるため、自治体のホームページを見たり、問い合わせしたりと情報を収集することが重要です。

    当サイトの運営会社の「保育園・幼稚園検索|子育て情報メディアKIDSNA」を利用すれば、お近くの保育所が検索できるため、ご活用ください。

    口コミサイトなどもありますが、偏った内容のものも多いかもしれません。しっかり情報収集を行い、見学を行う園を選んでいきましょう。

    保育園見学までの準備:②保育園見学の候補日を決める

    保育園見学の予約を行う前に、希望する日程をきちんと決めておきましょう。

    園の中には「ご訪問はいつがよいですか?」と明確な日程を聞かれることもあるかもしれません。応えられるように、いくつか候補日を挙げておくとよさそうです。

    保育園見学までの準備:③電話する時間帯や話す内容!好印象を残す会話例

    保育園の園見学を行う際、ほとんどの方は電話で予約を行います。中には「電話で話すことが苦手」「どんな風に話せばよい?」と悩むこともあるでしょう。

    電話する際は基本的なマナーを意識して、失礼のない対応を心がけましょう。

    電話する際の注意点

    電話する時間帯は「園児の登園後9時以降~」または「13時頃(お昼寝)」

    8時など朝早くに電話することは避け、園児の登園後の落ち着いた時間帯を意識して電話しましょう。お昼寝の時間帯の13時~14時頃も対応しやすいようです。

    多忙な時期の訪問は避ける

    保育園のホームページで、行事の日程を確認することも大切です。生活発表会や運動会などの行事が近い場合は、保育士さんが忙しい可能性もあるでしょう。多忙な時期の訪問は避けて、見学日程を考えるとよさそうです。

    メモを準備

    電話をかけたときに、日程や見学当日の持ち物などを確認するため、メモを取れるように準備しておきましょう。対応した方の名前や話した内容を後から確認できるように、書き残しておくとよさそうです。

    電話で話す内容・会話例

    保育園見学を申し込む際の会話例を紹介します。
    電話する際は、園側が聞き取りやすいようにハキハキと話し、「今、お時間よろしいですか」など、相手を気遣った一言を添えるとよいでしょう。

    【会話例】

    保育園側:「お電話ありがとうございます。○○保育園の△△でございます。」
    自分:「こんにちは、お忙しいところ恐れ入ります。私は○○(名前)と申します。〇〇保育園を見学させていただきたくご連絡致しました。保育園見学のご担当者様はいらっしゃいますでしょうか?」
    保育園側:「はい、少々お待ちくださいませ。」

    園見学の担当者:「お電話変わりました。保育園見学の申し込みありがとうございます。□□です。」
    自分:「お忙しいところ恐れ入ります。私は○○(名前)と申します。今、お時間よろしいでしょうか?」
    園見学の担当者:「はい、大丈夫です。」
    自分:「どうもありがとうございます。このたび、入園を考えているため、ぜひ見学させていただきたいと思い、ご連絡致しました。現在、保育園見学を行っておりますでしょうか。」
    園見学の担当者:「はい、平日ならいつでも見学可能ですよ。入園を希望するお子さんは何歳ですか?」
    自分:「どうもありがとうございます。子どもの年齢は1歳です。〇日の〇時に子どもといっしょにお伺いさせていただいてもよろしいでしょうか」
    園見学の担当者:「はい、大丈夫です。わからないことがありましたら、気軽にお問い合わせくださいね。」
    自身:「どうもありがとうございます。よろしくお願い致します。」

    失礼のないよう、保育園側が電話を切ってから受話器を置くとよいでしょう。なかなか相手が切らない場合は、タイミングを図りながら、静かに電話を切るとよさそうです。

    「子どもといっしょに訪問する」「両親で伺う」など訪問する人数をきちんと伝えることも大切です。時間帯は昼頃などあいまいにするのではなく、11時など明確な時間を伝えると、園側も対応しやすいでしょう。

    保育園見学までの準備:④服装&持ち物の用意。失礼のないように準備を

    保育園見学当日に安心して訪問できるよう、事前に服装や持ち物を準備するとよいでしょう。

    服装

    スーツなどかしこまった姿で見学する必要はありませんが、カジュアルすぎると失礼に当たる可能性もあります。個性的なファッションなどは避けて、印象が悪くならないように気をつけましょう。

    持ち物

    基本的な持ち物は以下の通りです。

    • バッグ
    • スリッパ(スリッパを入れる袋も)
    • 外靴を入れる袋
    • 筆記用具

    園の資料を持ち帰ることもあるため、A4サイズの大きめのバッグを用意するとよさそうです。

    また、子どもといっしょに見学する際は自身のおもちゃを持参すると、園のものと区別がつかなくなってしまうため、気をつけましょう。

    保育園見学当日:チェックポイント一覧

    保育園見学当日にどのような点を注意してすればよいのか、わからない方も多いかもしれません。

    見学のチェックポイントの例は以下の通りです。

    • 子ども(在園児)が楽しそうにしているか
    • 子どもへの先生方の接し方に不安はないか
    • 先生方の挨拶や言葉遣いなどの対応は適切か
    • 遊ぶ環境が整っているか(保育室のスペース・園庭の有無など)
    • 感染症対策などにきちんと取り組んでいるか
    • 園内が清潔に保たれているか

    見落としがちなのが災害時の非常階段や避難口の確認です。万が一に備えてきちんと防災対策が行われているのかも、チェックするポイントのひとつになります。

    保育園見学当日:質問まとめ

    保育園見学で聞きたい内容を項目別にまとめておくとよいでしょう。

    主な質問項目を紹介します。

    • 保育時間(早朝保育や延長保育の時間など)
    • 保育方針
    • 保育人数
    • 定員への倍率や待機児童人数
    • 駐車場の有無
    • 慣らし保育のスケジュール
    • 感染症や病気時の対応
    • 給食のメニュー・アレルギー対応の有無
    • 年間行事数・スケジュール
    • 入園児に保護者が準備するべきもの(昼寝マット、布団やおむつなど)
    • 通園時の持ち物
    • 延長保育料・おやつ代
    • 保護者の役員の有無(代表や会計、イベント係など)

    仕事の都合で、朝早く預けたり、お迎えが遅くなったりすることもあるかもしれません。実際に通うことを考えて、延長保育などの詳細を確認するとよさそうです。

    また、トイレトレーニングやお昼寝の見守りに関して具体的な対応方法を聞いておくと、比較しやすいかもしれません。

    保育園見学の失敗例

    最後に保育園見学をしたものの、園選びに失敗するケースを紹介します。

    【ケース1】

    通園のしやすさを考えて駅の近くの保育園に入園したが、駐車場がないところだった。仕事が多忙な時期は祖母に迎えを頼み、車で送迎することが多くなった。駐車する場所がなくて大変だったので、見学時に確認すべきだった。

    【ケース2】

    小規模の園に1歳から預けたが、2歳までしか預けられない施設だった。提携園への入園を考えていたが、定員がいっぱいで預けられずに、保育料が高い認可外保育園を選んだ。園見学の際に、卒園後の提携先をきちんと確認するべきだった。0歳児〜6歳児まで預かりを頼むことができる園を選べばよかった。

    保育園は毎日子どもといっしょに通う場所になるため、実際の自分の生活スタイルと照らし合わせたうえで、通いやすさなどをチェックすることが大切になります。

    保育園選びに後悔しないよう、園見学を行い、納得した形で希望園を決めていきましょう。

    保育園選びに園見学は大切!保活をはじめよう

    保育園選びの際は、仕事への復帰や就業によって新しい生活が始まることに不安を抱いている方も多いかもしれません。

    早めに「保活」を行い、子どもといっしょに環境の変化に少しずつ慣れることができるように準備していきましょう。

    また、複数の園を見学しているうちに、保育園に対して何を求めているのか明確にすることもできそうですね。

    園見学に行き、自身の希望条件と照らし合わせながら保活を進めていきましょう。

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    無料お役立ち資料

    無料ウェビナー

    お役立ち情報

    保育士バンク!コネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    サービスを詳しく知りたい方はこちら