コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

ICTに必要な設備は?保育園はパソコン・タブレット・WiFiでOK

ICTに必要な設備は?保育園はパソコン・タブレット・WiFiでOK Spectral-Design/Shutterstock.com
保育士さんがよりよい環境で働くことができるように、ICTシステムの導入を検討している園が多いかもしれません。事前に準備するためにはどのような設備が必要なのでしょうか。ICTシステムを導入するうえで必要な設備、パソコンやタブレットなどを使用する理由などもふまえて紹介します。

目次

    保育園のICTシステムに必要な設備とは

    保育業界で人手不足が懸念される中、職員が働きやすい職場を作り上げ、人材の定着化に向けて取り組む必要があるでしょう。

    その中でICTシステムを導入し、作業の効率化や労務管理の徹底などに活用している園が増加しています。

    ICTシステムは保育園システムとも呼ばれますが、 パソコンやタブレット、スマートフォンなどを使って、職員の勤怠管理や園児情報の共有、保護者とのコミュ二ケーションツールとして活用するものです。

    導入する際は国からの補助金も出るケースもあるため、前向きに利用したいと考える保育施設は多いのではないでしょうか。

    実際に活用する場合にどのような設備を必要となるのか、事前に把握して導入を検討してみましょう。

     

    ICTシステムに必要な設備:インターネット環境(WiFi設定)

    まず、ICTシステムを導入するためには、インターネット環境の整備が必要となります。設定に関する必要事項を確認していきましょう。

    回線業者とプロバイダーの決定

    インターネットを活用するためには、回線業者とプロバイダーの業者を選び、契約します。月々の費用が発生するため、予算なども考えて決定することが重要でしょう。

    また、回線業者とプロバイダーが一体型になったプランや、セットで契約できるプランもあり、こちらのほうが費用を抑えられるケースが多いようです。

    近年では価格競争も激化しており、次々と新しいプランが発表となることも考えられます。年度途中に、今よりもお得な契約業者に移行したいと考える保育施設もあるかもしれません。

    業者の動向などもチェックしながら、インターネット環境の整備していきましょう。

    開通工事(必要な場合)

    インターネットを利用する際に屋内と屋外の開通工事が必要となる場合もあるため、契約業者にどのような流れとなるのか確認しましょう。

    新年度が始まる3月~4月にかけては、契約する企業が多いこともあり、申し込んでもすぐに対応できないケースもあります。そのため、早めに申し込むとよいかもしれません。

    開通時にトラブルが発生する場合もあるため、事前にきちんと業者と打ち合わせすることが大切でしょう。

    ICTシステムに必要な設備:電子機器(パソコン、タブレット)

    インターネット環境の整備後にICTシステムの導入を行うため、パソコンやタブレットを用意する必要があります。

    ICTシステムはさまざまな業者が販売しているため、自園にどのようなシステムが必要なのかを考えて選定した上で、電子機器の準備も行いましょう。

    また、活用方法によって電子機器の利用台数が異なっていたり、業者が電子機器とICTシステムをセット販売を行っていたりするケースも考えられます。

    各園によって予算も異なるため、電子機器の購入やICTシステムの導入に総額どのくらいの費用がかかるのか見積もりを取ったうえで、設備を用意するとよいかもしれません。

    ICTシステムに必要な設備:システムの設備場所の確保

    ICTシステムを導入する際には、パソコンやタブレットなどの場所を事前に確保するとよいかもしれません。

    タブレットの場合はそれほど場所はとりませんが、大きめのパソコンを使用したいと考える園もあるようです。

    小規模保育園など部屋が小さい場合は設置場所の確保が難しいケースも考えられるため、導入の際に「スペースがない!」という事態にならないように、あらかじめ設置場所を決めてきましょう。

    ICTシステムで必要な設備について紹介しましたが、導入の際に「電子機器は何を活用する?」、「有線ではなく、WiFi設定にするべき?」など疑問を感じる方もいるかもしれません。

    パソコンやタブレット、WiFiを使用するメリットについて詳しく紹介します。

    ICTシステムにパソコンを使用する理由

    ICTシステムを導入すると、職員のシフト作成や労働時間の算出などをパソコンで一括管理することができます。

    事務の方や園長先生がこのような労務に関するさまざまな作業をこなすことが考えられますが、数字や文章を入力することも多く、長時間キーボードを使用することもあるかもしれません。

    パソコンでは入力しやすいキーボードやマウスを選ぶことで、ICTシステムを活用した作業も効率的に行うことが可能となるでしょう。

    また、パソコンの種類はタワー型のテスクトップや小さなノートタイプなどがあります。

    ICTシステムを導入する際は、容量や設置場所なども考えながら作業しやすいパソコンを選ぶとよいかもしれません。

    ICTシステムにタブレットを使用する理由

    ICTシステムはタブレットを使用して、職員の出退勤、園児の登園降園時をICカードで打刻することができます。

    タブレットは持ち運びに便利で場所も取らずに作業することが可能なため、職員のワークフロー申請や残業、有休の申請を行う際も活用しやすいでしょう。

    パソコンに比べてバッテリー寿命が長いことや画面上で簡単なメモを入力しやすいというメリットも考えられます。

    また、残業申請や有休管理はスマホアプリで操作できるタイプのICTシステムもあります。

     

    ICTシステムにWiFi設定を使用する理由

    ICTシステムはパソコンやタブレットに専用ソフトを導入して起動します。

    常時ネット接続を行い、職員勤怠管理や園児情報の共有などに活用することができるでしょう。

    WiFi設定を行うと、電波が届く範囲であれば園内のどこにいってもシステムを使うことが可能となることから、データの共有も容易となるでしょう。

    WiFi設定は複数回線の通信が可能なため、職員の作業効率も上がることが考えられます。

    環境を整備してICTシステムを導入しよう

    ICTシステムを導入する際は、実際の設置場所を考えながらパソコンやタブレット、WiFi設定の3つを準備することが必要となるでしょう。

    用意する場合に、「現在のインターネット環境で適応できるのか」、「電子機器の選び方がわからない」など不安を感じることもあるかもしれません。

    キズナコネクトではICTシステムの導入に関するさまざまなご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    キズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    サービスを詳しく知りたい方はこちら