コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

0歳~5歳の保育日誌の実例集!年齢別の書き方と項目内容

0歳~5歳の保育日誌の実例集!年齢別の書き方と項目内容 milatas/Shutterstock.com
保育日誌を書く際にどのように作成すればよいのかと、悩む保育学生の方や保育士さんがいるかもしれません。保育活動中に、子どもの様子のメモを取ってもなかなか文章がまとまらずに不安を感じる場合もあるでしょう。0歳~5歳の年齢別のポイントなどをふまえて、保育日誌の実例集を紹介します。

目次

    保育日誌とは

    保育日誌とは、その日の活動内容や子どもたちの様子を記録し、保育士として適切な援助方法について振り返るものです。

    特に保育学生の皆さんは、実習の際に作成することも多いのではないでしょうか。

    各保育施設によって、日誌の内容に違いがあるため、実習を行う場合は、どのような項目に重点を置きながら作成するべきか担当の先生と相談するとよいかもしれません。

    また、実際の保育士として勤務した場合も、子どもたち一人ひとりに対しての保育日誌がある園もあれば、クラスの指導案と一体化しているものもあるでしょう。

    「〇日では子どもたちが音楽に興味をもっていたため、次はリズム遊びを取り入れよう」、「最近、子どもたちでごっこ遊びを楽しんでいる姿が多いため、次はクラス全体でお店屋さんごっこを計画しよう」など、保育日誌にさまざまな成長の変化を記録していき、その「気づき」の積み重ねが、次回の保育に繋がることも多いようです。

    子どもたちの保育の質の向上のためにも、日々の保育を記録する「保育日誌」の作成を大切にしていきましょう。

    保育日誌の項目内容

    保育日誌の内容は園によって違いがあるため、どのような項目や流れで書くべきなのかをしっかりと確認しましょう。

    基本的に保育日誌の項目については、以下の内容が考えられます。

    • 子どもの出席人数・欠席理由
    • 子どもたちの健康状態
    • 保護者との連絡事項
    • 保育のねらい
    • 保育の活動内容
    • 子どもの様子
    • 反省と感想

    保育学生の方には不要な項目があるかもしれませんが、保育日誌を記録することを考えて、実習中にできるだけ子どもたちの様子や活動内容のメモを取るとよいかもしれません。

    また、実際に保育士として勤務されている方は、活動を進める際にメモを取る時間がないことも考えられるでしょう。

    あらかじめ、項目別にメモを取るタイミングなどを考えておくと、保育日誌を記録する際もスムーズに記載できるということもあるようです。

    また、プライバシー保護の観点から、保育日誌に個人名を記入しないルールを設けている園もあるため、記入ルールの確認も大切でしょう。

    ここでは、0歳~5歳の保育日誌の実例集を紹介します。保育日誌を作成する際に参考にしてみてくださいね。

    0歳児の実例

    0歳児は、ミルクやオムツ替えなどのタイミングはそれぞれの子どもに違いがあるでしょう。個々の様子を観察しながら、活動を行い「どのような変化が見られたのか」を基に保育日誌に記入するとよいかもしれません。

    子どもの出席人数・欠席理由

    リス組 出席人数 4人 欠席人数 1人(○○ちゃん)・欠席理由 ○○ちゃん(風邪)

    子どもたちの健康状態

    鼻水が出ている子が多い

    保護者への連絡事項

    参観日のお便り配布

    保育のねらい

    手遊びをして、周囲の大人とスキンシップを楽しもう

    保育の活動内容

    • ミルク
    • 離乳食(必要に応じて)
    • オムツ替え
    • 睡眠
    • 手遊び

    子どもの様子

    • 手遊びを行うと保育士を目で追ったり、笑ったりしてスキンシップを楽しむ様子が見られる
    • オムツ替えを嫌がる子もいたが、おもちゃなどを用いて楽しい雰囲気を作ると、スムーズに替えることができた
    • 〇〇ちゃんと〇〇ちゃんがおもちゃの取り合いをしたり、抱き合ったりとお互いの行動に興味がある様子が見られた項

    反省と感想

    保育士とのスキンシップを楽しんでいたが、途中で泣いている子もいてなかなか子どもの表情を見る余裕がなかったため、どのような仕草や表情をしていたのかきちんと観察していきたい。

    子ども同士で互いにスキンシップをとる時間が増えてきたので、爪などがのびていいないかなど、安全面に注意して見守る。

    1歳児の実例

    1歳児になると歩行する子も多く、行動範囲が広がることも考えられます。子どもたち一人ひとりの興味や関心のある遊びを観察するなどして、保育日誌に記入するとよいかもしれません。

    子どもの出席人数・欠席理由

    もも組 出席人数 6人 欠席人数 2人(○○ちゃん、○○くん)・欠席理由 ○○ちゃん(風邪)○○くん(腹痛)

    子どもたちの健康状態

    良好

    保護者への連絡事項

    なし

    保育のねらい

    • 箱やかごにおもちゃの出し入れをして、手や指先の運動能力を高める

    保育の活動内容

    • 給食
    • ミルク
    • オムツ替え
    • 睡眠
    • おもちゃを使った繰り返し遊び

    子どもの様子

    • 箱やかごにおもちゃの出し入れを繰り返し行い、楽しんでいる姿見られる
    • おもちゃに興味がなく、違う遊びをしている子どもがいた

    反省と感想

    丸いおもちゃだけを用意したが、いろいろな形のおもちゃを用意することで指先の運動能力を高め、おもちゃの形を楽しめるように工夫する。

    また、おもちゃを入れる容器をびんなどにすると、出し入れしたときの音も楽しめるため、子どもたちが興味をもてるように、遊びを展開できないかを考える。

    2歳児の実例

    2歳児は言葉が増えることも考えられ、子ども同士でコミュ二ケーションをとる機会も多いかもしれません。

    互いに興味をもてるような活動を設定し、子どもたちの様子を保育日誌に記録するとよいでしょう。

    子どもの出席人数・欠席理由

    さくら組 出席人数 7人 欠席人数 0人

    子どもたちの健康状態

    良好

    保護者への連絡事項

    個人懇談の日程配布

    保育のねらい

    • 電車ごっこを通して友だちとペースを合わせて進もう
    • 全身を使ってまっすぐ歩いてみよう

    保育の活動内容

    • 給食
    • 子どもたちの健康状態
    • ミルク(必要に応じて)
    • オムツ替え(必要に応じて)
    • 午睡
    • 長縄を使った電車ごっこ

    子どもの様子

    • 友だちといっしょに同じ方向に向いて身体を動かし、楽しんでいた
    • 遊んでいるうちに、子どもたちの間隔がつまりすぎたり、空きすぎたりしてしまうことがあった

    反省と感想

    電車のように動く際に、縄の持ち方がわからない子もいたので、一度整列し、座った段階で縄をもつ練習をすればよかったと思う。

    子どもたちの間隔がつまりすぎたり、空きすぎたりしてしまったときは声をかけるときちんと間隔を保とうとしていた。

    ○○ちゃんはまだ遊び足りないという様子だったので、トンネルや駅などを作り、子どもたちが楽しめるように工夫していきたい。

    3歳児の実例

    3歳児は道具を使った遊びやごっこ遊びなど、遊びの種類も増える時期かもしれません。友だちと遊ぶ楽しさも芽生え、食事や排せつなどを1人で行うなど自立心を感じる場面もあるでしょう。

    自我がはっきりしてくる子もいる中で、うまく表現や行動に表すことができない場面もあるかもしれません。子どもたちの様子を観察しながら、言動や行動の変化を保育記録に記載できるとよいですね。

    子どもの出席人数・欠席理由

    りんご組 出席人数 10人 欠席人数 1人(○○ちゃん) ・欠席理由 ○○ちゃん(用事)

    子どもたちの健康状態

    咳をしている子が数名いる

    保護者への連絡事項

    なし

    保育のねらい

    • 郵便屋さんとお客さんに分かれて、友だちと手紙の受け渡しを楽しむ
    • 手紙には好きな絵を描き、表現する楽しさを知る

    保育の活動内容

    • 給食
    • オムツ替え(必要に応じて)
    • 午睡
    • 郵便ごっこ遊び

    子どもの様子

    • 友だちに手紙を上手く渡せない子、喜んで渡している子、郵便屋さんになりきっている子などさまざまな子どもの様子が見られた
    • 手紙を封筒に上手く入れられない子がいると手伝う子もおり、お礼を伝えている姿があった

    反省と感想

    子どもたちが絵を書く時間があまりなかったので、製作の時間とごっこ遊びの時間を分けて設定したほうがよかったと思う。

    封筒にスタンプを押す役割を増やすなどして、現実の郵便屋さんを再現できるように工夫していきたい。

    給食中に○○ちゃんや○○くんが食が進まないようだったので、早めの段階で声をかけ楽しんでご飯が食べられるように配慮する。

    4歳児の実例

    4歳児は衣服の着脱など身の回りのことができる子も増えたり、集団生活の中で子どもたち同士でグループができたりと、成長が感じる場面も多いかもしれません。

    遊びを自ら展開するなど発想や表現力が高まる可能性もあるため、自発的に取り組む遊びを増やしながら、その様子を保育日誌に記録していきましょう。

    子どもの出席人数・欠席理由

    サフラン組 出席人数 24人 欠席人数 0人

    子どもたちの健康状態

    良好

    保護者への連絡事項

    クリスマス会の招待状配布

    保育のねらい

    • 身近なもので楽器を作り、友だちと演奏を楽しもう
    • さまざまな廃品を利用して、新しいものを作り出す喜びを知る

    保育の活動内容

    • 給食
    • 楽器作りをして演奏会を開く

    子どもの様子

    • 空き箱や紙コップ、空き缶などにどんぐりや小石などを入れて、楽器作りを楽しんでいた
    • 子どもたち同士でお互いの作品を見せ合ったり、演奏したりとコミュ二ケーションを楽しむ姿が見られた
    • 演奏途中に楽器が壊れてしまって泣いている子もいたが、周りの子どもが励ましている姿があった

    反省と感想

    身近なものを使って楽器を作る楽しさを知り、「家でも楽器を作ってみたい!」という子もいた。

    子どもたちの自発性や表現力を大切にするため、導入の時点で参考となる楽器を見せなかったことで、製作に対しての自由度が高く、個性豊か楽器が完成した。

    いままでは製作の際に、参考にとなる製作物を初めに見せていたが、これからは徐々にその機会を減らし、子どもたち一人ひとりの個性が表現できるように工夫していきたい。

    5歳児の実例

    5歳児は、食事や衣服などの基本的な習慣は、ほとんど自立し、自分自身でできるようになるでしょう。

    異年齢の子のお世話や子ども同士で助け合う姿なども見られ、一つ一つの活動に対して、自分がやらなければならないことや、決まりやルールの大切さを確認する姿も多いかもしれません。

    保育日誌では子どもたちの自主性や自立生などを記録に残し、集団の中でどのような人間関係が構築されているのかなど、具体的に記入するとよいかもしれません。

    子どもの出席人数・欠席理由

    こすもす組 出席人数 27人 欠席人数 2人 ・欠席理由 ○○ちゃん(用事) ○○くん(風邪)

    子どもたちの健康状態

    鼻水や咳が出ている子が数名

    保護者への連絡事項

    廃品の収集に関してのお願い

    保育のねらい

    • 子どもたちでお楽しみ会を協力して計画する
    • お楽しみの開催に向けて、「ゲームグループ」、「音楽グループ」、「お笑いグループ」などそれぞれのグループに分かれて話し合い、意見を出し合う

    保育の活動内容

    • 給食
    • お楽しみ会の話し合い

    子どもの様子

    • お楽しみ会で楽しみたいゲームを出し合ったものの、お互いの意見がぶつかり、なかなか話し合いが進まない様子があった
    • ゲームは多数決で決めたが、自分の意見が通らなくて悔しそうにしている子や「楽しみ!」と喜んでいる子などさまざまな子どもがいた
    • 音楽グループは、女の子を中心にどんどん話し合いが進んでいた

    反省と感想

    自分の意見を言える子や言えない子などさまざまな様子が見られたため、お互いの意見を聞く大切さを伝える機会を設けたい。

    積極的に自分の意見を言えない子もいるので、周りを見ながら話し合いを進められるような声かけを意識したい。

    今回はグループ決めについては仲の良いグループでまとまっていたので、次回はくじ引きなどをして今までとはあまり関わりのなかった子と交流できるように工夫していきたい。

    読みやすい保育日誌を作成しよう

    保育日誌は、今までの保育活動を振り返り、保育の改善に向けて取り組む際に大切な指標となるものです。

    しかし、文章がなかなかうまくまとまらず、書くことに時間がかかる方もあるでしょう。

    普段から子どもたちの様子や自分の考えたことなどを文章に起こすなどして、「文章を書く」ということに慣れておくと、スムーズに保育日誌を作成できるかもしれません。

    また、近年ではパソコンやタブレットなどで保育日誌を作成できるICTシステムを導入している園もあり、保育士の業務の効率化に向けて取り組んでいるようです。

    ICTシステムを活用する際も、文章のまとめ方や書き方のコツを把握しておくことで、質の高い保育日誌を作成することにつながるでしょう。

    子どもたちの健全な育成を支えられるように、読みやすい保育日誌を作成し、保育の質の向上に向けて取り組めるとよいですね。

    保育園の業務管理ICTシステムとしてキズナコネクトは「つながることで保育はもっと優しくなる」をコンセプトに
    作られました。登降園管理やお知らせ配信、写真管理・公開機能等、多彩な機能を提供しています。

    • 徹底してこだわった

      「カンタン」操作
    • 手間いらずの

      らくらく導入
    • 充実した

      サポート体制

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    KIDSNAキズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    サービスを詳しく知りたい方はこちら