コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

児童票の保育経過記録の書き方とは?0歳~5歳までの記載ポイント

児童票の保育経過記録の書き方とは?0歳~5歳までの記載ポイント maroke/Shutterstock.com
子どもの保育経過や在籍状況を把握するために大切な「児童票」。保育施設によって書き方に違いがあるものの、記載の仕方について不安や悩みを抱えている保育士さんもいるかもしれません。児童票の作成におけるICTシステムの活用も含めて、書き方のコツや0歳~5歳までの記載ポイントについて解説します。

目次

    児童票の意味とは

    児童票とは、子ども一人ひとりの在籍記録、成長過程や保育経過記録などを記入するものです。

    家族構成や出席状況、罹患状況などの健康に関わる事柄や運動、人間関係の構築など発達に関わる事柄を記載しますが、各保育施設によって表記内容に違いがあるようです。

    児童票に保育施設での保育経過記録を詳しく書くことは、進級時の引継ぎに役立てたり、子どもの状況の理解が深まったりと保育の質を保つための指標となるでしょう。

    しかし、保育士さんの中には「児童票の書き方がわからない」、「文章をまとめることができない」と不安に感じることもあるかもしれません。

    児童票を書き方のポイントを知り、効率的に作成できるとよいですね。

     

    児童票の書き方のポイント

    児童票の書き方のポイントを紹介します。

    メモを取る

    児童票には、子ども一人ひとりの保育経過記録を記入することが多いようです。

    保育活動を進める中で、できるだけ子どもの様子を観察し、メモを取ることで児童票が書きやすくなるでしょう。

    勤務する保育施設の児童票の内容を確認し、子どもの「表現力」や「運動発達」など、どのような観点で保育記録を記入すればよいのかを確認して、ポイントを意識しながらメモを取るとよいかもしれません。

    また、クラスの人数が多く、なかなか子ども一人ひとりの様子を把握しきれないという場合もあるようです。

    保育活動中に「この週は○○グループを中心に見てみよう」など計画をきちんと立てると、個別の様子を観察しやすいかもしれません。

    具体的なエピソードを書く

    児童票にはできるだけ具体的なエピソードを記入することで、その子の特性や個性などが把握しやすい保育記録となるでしょう。

    例えば、「丸いものに興味を示し、何度もボールを転がしながら繰り返し遊びを楽しんでいる」、「友だちと遊んでいるときに『鬼ごっこがしたい』と自分の意見を言えるようになった」など具体的に子どもの様子を記載できるように工夫するとよいかもしれません。

    保育活動の中で、子どもたちの育ちを意識して読み取ると、保育士さん自身も次はどのような援助方法が必要なのかと考えるきっかけとなるでしょう。

    先輩保育士さんの文章を参考にする

    保育士は指導案や保育計画、保育記録、児童票など書きものが多い仕事だといわれています。

    各保育施設によって書き方に違いがあるため、児童票を書く前に先輩保育士さんの文章を参考にすると書きやすいかもしれません。

    また、園の保育方針によって記載内容が運動活動や英語の取得などを重点に記入する場合もあるようです。

    そのため、勤務している園でどのような児童票の書き方が求められているのかを確認することも大切でしょう。

    誤字、脱字をチェックする

    児童票を提出する前には必ず、誤字・脱字チェックを行うとよいでしょう。

    疲労がたまっている場合はチェックに集中できないこともあるようです。

    時間をおいて児童票を読み直したり、声に出して読んだりして客観的に見直しができるように工夫するとよいかもしれません。

    「修正が多く、見た目が修正液だらけで汚くなってしまった・・・」ということがないように下書きを行い、誤字・脱字チェックしてから清書するとよさそうですね。

    年齢別の児童票の書き方:0歳~2歳

    0歳~2歳までの年齢別の児童票の書き方について紹介します。

    0歳~2歳は成長が著しく、食事や運動、睡眠、排泄などさまざまな視点で子どもたちの様子を記載することが重要でしょう。

    援助が必要な場面が多く、子どもたちの様子を詳しく観察することが大切かもしれません。

    児童票の書き方は園によって違いがありますが、具体例としては以下の内容が挙げられます。

    • 「食事は完了食が終わり、少しづつ自分で食べようとする意欲が高まっています。自由遊び中には、何度も車を走られせて追いかけるなど車のおもちゃに興味があるようです」
    • 「家庭と連携してオムツトレーニングを行っていましたが、初めて保育園のトイレで排泄ができたときは笑顔で喜んでいました。鏡に向かって「これなに?」と聞くなど、さまざまなものに対して興味や関心が芽生えています」

    子どもたちの成長過程の様子をふまえながら、興味や関心、新たな発見などをもとに児童票保育経過記録を作成するとよいかもしれません。

    年齢別の児童票の書き方:3歳~6歳

    3歳~6歳までの年齢別の児童票の書き方について紹介します。

    3歳~5歳は基本的な生活習慣が身につき、友だちとの関わりや集団的な遊びについても興味が高まる時期かもしれません。

    児童票の書き方は園によって違いがありますが、具体例としては以下の内容が挙げられます。

    • 「ゲームを行う際にルールをしっかりと確認して、順番を守って参加することができていました。友だちと『お店屋さんごっこ』や『お母さんごっこ』を楽しんでいる姿があり、グループで遊ぶことが増えてきました」
    • 「1歳児のクラスと交流する中で抱っこしたり、頭をなでたりしてお世話をすることを楽しみ、笑顔で異年齢の子どもたちと向き合う様子が見られます。縄跳びが好きで、「○○回できた!」と毎回、一生懸命取り組んでいます」

    子どもたちの興味や関心について詳しく書き、他の子どもとの関わりを具体的に記入するとよいでしょう。

    5~6歳児クラス(年長組)の児童票については、小学校に引継ぎもかねて作成する場合もあるようです。

    子どもたちの様子をきちんと観察したうえで記入できるように努めましょう。

    ICTシステムを活用した児童票の作成のメリット

    児童票は子どもたちの成長を記録するうえで重要なものですが、書くことに時間がかかり、保育士一人ひとりに負担がかかることも考えられます。

    児童票において保育士さんの負担を軽減するためのICTシステムが注目されています。

    ICTシステムとはパソコンやタブレット、携帯電話を活用して保育士さんの事務作業を効率化できる電子システムです。

    児童票についてもICTシステムを導入することで記載しやすくなることもあるでしょう。

    児童票の作成において、ICTシステムを活用するメリットを紹介します。

    テンプレートを活用できる

    児童票の書き方は長文でまとめて記載する場合もあれば、保育の5領域に沿って「人間関係」、「環境」といった項目別に記入するなど違いがあるようです。

    保育のICTシステムの中には児童票についてあらかじめテンプレートがあり、指示に従って記入すると基本的な児童票が簡単に作成できるものもあります。

    文字入力で作成するため、「消して書く」といった修正作業も不要となるでしょう。

    テンプレートを活用することで児童票の作成がスムーズに進みそうですね。

    業務を効率化できる

    児童票は日々の保育記録やメモ、連絡帳などを見ながらまとめる方が多いようですが、ICTシステムで一括管理すると業務の効率化に役立ちそうです。

    児童票を書く際に一つの画面でさまざまな情報を見ることができれば、資料を探す手間も省けて、情報の整理もしやすいでしょう。

    業務を効率的にこなすと、保育士さんの残業時間の短縮や業務負担の軽減に繋がることが考えられます。

    職員同士の共有が簡略化できる

    児童票は子どもたちの様子が詳しく記入しているものなので、進級時に次の担任に園児情報を引き継ぐ場合に役立つでしょう。

    ICTシステムを活用するとクリックするだけで、児童票を職員同士で簡単に共有することができるようです。

    ときには急に担任が辞めてしまい、後任の保育士さんが児童票の記載に困るケースもあるでしょう。

    あらかじめICTシステムを活用すると保育記録を一括管理することができるため、前担任が記録したものを確認しやすいというメリットもあるかもしれません。

    効率的に児童票の保育経過記録を作成しよう

    児童票の保育経過記録を書く際に、時間がかかることも考えられますが、ICTシステムを活用すると効率的に作業が進む可能性もあります。

    システムの導入については国からの補助金制度も充実しているため、自園の活用について検討するとよいかもしれません。

    児童票は子どもたちの健全な育成を支えるうえで必要なものです。

    保育士の業務負担の軽減もふまえた上で効率的に作成していきましょう。

    お電話でも無料相談受付中!

    0120-992-680

    受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

    関連記事

    こちらの記事もおすすめ

    キズナコネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
    労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
    業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
    ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

    サービスを詳しく知りたい方はこちら