コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

[PR]【園舎の健康診断】園舎の寿命は15年?園舎にも早期発見・早期治療を!

園舎の健康状態を把握していますか?

画像①

子どもたちが安心・安全に過ごすためには、園舎の健康状態が良好であることが大前提。しかし、園舎がケガや病気をしていない健康体だと、自信を持って言える園は少ないかもしれません。園舎の健康状態は誰にも気にかけられていない、ということもあるでしょう。

実は、建物の健康状態を守るには、人間と同じく『早期発見・早期治療』がポイント。早く見つかれば見つかるほど直せる可能性が高く、結果的にかかるコストが少ないことも。

ですが、日々の業務で忙しい園では、
           
オーナーの声:「園舎については竣工以来、何かあったら工務店にお任せしているので詳しいことは分かりません。何度か雨漏れがありましたが、原因については考えたことがなく、その都度の応急処置になっているかもしれません。
私は園舎の状態についてあまり考えたことがありませんでしたが、頼りの工務店も詳細まで把握しているのかどうかは不明です……。」

園長の声:「屋根のプロ、床のプロ、外壁のプロなどそれぞれにプロがいるのかもしれないですが、そんなに多くの業者とやり取りするのは正直骨が折れます。」

園長の声:「竣工から10年以上経過し建物の維持管理が増えてきました。
中長期の修繕計画も立てたいのですが、建築会社も設計事務所も仕事にならないとどうしても消極的です。築年数が経過するごとに、いきなり不具合がでて修繕、修理になってしまうことが出てきました。建物も設備も計画的にメンテナンスして行きたいですね。」

このような声が多いのが実情かもしれません。

自覚症状のないうちに進行する園舎の劣化

画像②

私たち人間が気付かないうちにも、園舎の健康状態はどんどん悪化していきます。

箇条書き部分

このようなことから雨漏れにつながり、気が付いたときには壁内部の腐食やシロアリなど『火災保険の適用が効かない二次被害』が起きていることも。そうなってしまうと費用がかさむだけではなく、修繕に時間もかかり、保育にも支障が出てしまうかもしれません。

住宅用マンションや病院などでは、管理会社が建物の健康状態をチェックしています。そして、一般的には10~12年で大規模修繕も行っています。

それにもかかわらず園舎は、健康管理が不十分なケースが多く、簡易的な定期検査では見つからない病気やケガが潜んでいる可能性も……。子どもたちにとって安心な園舎を守るために、日頃から状態を把握しておくことは非常に重要ではないでしょうか。

園舎も定期的に健康診断してあげましょう

まずは、園舎の今の状態が健康なのか黄色信号なのか、知っておくことが大切です。しかし、忙しい先生たちでは園舎の管理までは手が回らず、また専門的なことは分からないですよね。

そこで、エコテックの『園舎の健康診断』にお任せしてみてはいかがでしょう。

エコテックは20年間にわたり、園舎の床をはじめとして、施設(保育園・幼稚園含む)の建物をサポートし続けてきた会社。また『園舎の健康診断』担当の原田さんは、これまでに2千件以上の法人不動産やリフォームを経験、建物をトータル的に診断するプロフェッショナルです!

画像③

POINT① 園舎の健康診断を実施

『園舎の健康診断』は、幼稚園や保育園に対して内外装定期点検を実施するサービス。点検は丁寧に約一時間かけて行い、その後2週間以内に点検診断書を作成。

※ 範囲は、園長先生や施設管理者のご要望によって対応をしております。

原田さん:「例えば雨漏れがあったとき、誰に修理を依頼しますか。工務店かもしれないし、塗装屋かもしれないし、もしかしたらご自分で修理をするかもしれません。ですが、根本の修繕をしないと単なる応急処置になってしまいます。

私たちは雨漏れのような実害が出る前に建物の状態や使っている建材を把握しておくことで、実害が出たときに素早く最適な処置を提案できますし、できる限り未然に防ぎます!

点検を実施した園のオーナーや園長先生からは「分からなかった園舎の状態を、私たちにも分かるように教えてくれてありがとう」と喜んでもらっています。点検診断書で園舎の状態が目に見えることで、よりいっそう園舎への愛着が湧いてくる方も多いみたいですよ」

またマンション敷地内の保育所でも、看板や外階段、外廊下など、幅広く点検項目を設けて対応しています。

原田さん:「企業主導型保育施設、小規模保育施設など、テナントや賃貸契約で運営されている園でも、弊社では実績と点検を行うメリットがあります。
例えば、内装基材の修繕や借家人賠償責任保険(更新、活用について)、相見積などのご相談を、ここぞとばかりに皆様お声かけいただきます。
それだけ、園の運営を並行して行う中で、建物に関しては、『分からない不安』があると感じます」

POINT② 早期発見・早期治療で保険適応ケースが多数​

画像⑤

原田さん「もし定期点検を怠り大規模な修繕が発生してしまうと、保険で賄うことができないケースもあります。さらには、業者の選定・日程調整・保護者への案内など多くの工数が発生し、保育にも支障が出てしまいます。

園舎も人間と同じく、早期発見・早期治療がカギ。私が園舎のことをトータル的に把握し、適切なタイミングで適切な処置を提案いたします!」

多くの場合は、修繕が必要になり工事が発生したとしても、ご加入の施設総合保険で賄うことができます。保険制度を知り尽くした原田さんだからこそ、園の負担がない範囲での提案が可能です。

企業主導型保育施設 法人本部 施設管理担当者:
「新築園の建設から、既存園の修繕対応で新年度の切り替え時期に対応が重なり困っていました。

修繕に関しては、自治体からの補助事業や修繕積立金のことだけで予算を考えていて、施設総合保険に関しては知識がありませんでした。アドバイスをもらえて大変勉強になりました。相見積対応も行っていただけるので大変助かります」

せっかく施設総合保険に入っていても、うまく使えていなければもったいないですよね。

また、園舎の健康状態を的確に把握することは、法人本部と現場のコミュニケーションを円滑にするというメリットもあります。

画像⑤

「園舎の健康診断」の報告書では、緊急度のレベルや今後対策をとった方が良い建物箇所を園の要望に沿ってレポート化してくれるので、法人本部と現場の双方が納得してコミュニケーションを取ることができます。

画像⑦

施設管理者の負担軽減だけではなく、園とのコミュニケーションにも役立つ嬉しいサービスです。

複数園を経営する理事長:
「点検いただき、対応すべき修繕ポイントが理解できました。中長期の修繕計画を立てる際に非常に役立っています。これからも計画的に点検いただきメンテナンスしていきたいです。」

POINT③ 修繕の場合はそのままエコテックにお任せ

点検で見つかった不具合は、そのままエコテックにお任せすることも可能です。新設・復旧・改修と幅広い工事に対応。

原田さん「例えば、毎日子どもたちが元気に走り回る床。外遊びの後は、足に砂や砂利がついていることも多く、耐用年数は住宅フローリングの約10分の1とも言われています。

当社のラインナップの『UVフロアコーティング』なら床材張り替えの3分の1のコストで、ワックス不要になり、通常の倍以上の耐久性を手に入れられます。机や椅子を引きずった跡や日焼けによる退色などから床を守り、明るさや美観を保ち、日々の床掃除もラクになりますよ。」

>詳しくはこちらの記事をチェック 
▼園長先生に聞く!「保育園のUVフロアコーティング」やってみた感想は?
https://www.hoikushibank.com/column/b_t_11
▼「みんなが嬉しい床なんです」保育士さんが語る、保育に欠かせない環境整備 
https://www.hoikushibank.com/column/b_t_12

園長の声:「エコテックさんは保育の業務に理解が深いのが安心ポイントです。園舎の修繕だけではなく、保育業務に関わることまで相談してしまいます。何かあった時にすぐに連絡できる相手がいると安心です。」

原田さん「私たちの事業は、子育て社会を応援したい想いがベースとなっています。点検や工事を進める際は、保育業務に支障をきたさないスケジュールが大前提です。」

保護者からも保育士からも選ばれる園に

2022年1月に保育士バンク!が実施したアンケート調査によると、保護者は園選びの際に、園の雰囲気(清潔さ・新しさ)や設備といった「ハード面」を意外にも重視していることが分かります。

画像⑥

令和7年をピークに保育所の需要は縮小傾向になる見込み(厚生労働省子ども家庭局保育課 / 令和3年5月26日))です。今後、保護者や保育士から選ばれる園になるためには、ますますハード面も重要と考えるべきでしょう。

原田さん「毎日のようにオーナー様、園長先生とお話をして、子どもたちの未来を一緒に考えています。園舎が健康でないと、子どもたちを守ることはできません。どのような内容でも構いませんので、まずは相談ください!」

画像⑦

園舎の安全や清潔を守る『園舎の健康診断』、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

2023年から、特定建築物調査員を設置し様々な園舎に対応ができます。

<お問い合わせ先>
株式会社エコテック
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-2
フォンターナビル7F
担当:寺西・原田
TEL 0120-963-093 / FAX 045-478-2931
E-mail enjinoyuka@ecotec-g.co.jp

保育士バンク!コネクトをご利用いただきましてありがとうございます。 記事を読まれた方を対象にアンケートを実施しております。 ぜひ、ご協力をお願いいたします。 ※本アンケートで取得した情報等は当社と株式会社エコテックで共有し、厳重管理のもと本目的以外では使用致しません。

アンケートに回答する

お電話でも無料相談受付中!

0120-992-680

受付時間:月〜金 10:00〜18:00(土日祝を除く)

関連記事

こちらの記事もおすすめ

無料お役立ち資料

お役立ち情報

保育士バンク!コネクトは、保育業務の課題を解決するためのICT支援システムです。
労務管理や保育料計算など保育経営に重点を置いた機能が特徴で、
業務の効率化やサービスの向上を実現いたします。
ICT支援システムの導入で働きやすい職場環境にしてみませんか?

サービスを詳しく知りたい方はこちら