お知らせ

アップデート情報など、キズナコネクトからのお知らせを掲載しています。

2019/05/16

残業時間集計・給与計算の可視化を求める声が8割  保育施設の働き方改革推進、ICTシステム「キズナコネクト」に新機能

株式会社ネクストビート(東京都渋谷区、代表取締役社長:三原誠司)が実施した調査の結果、勤務先の保育施設に求める事項として「給与面の改善」が9割近い数字を記録。働き方の改善のため、時間外労働時間の集計状況などを「可視化すべき」との回答が8割に上ります。今春、当社が開発する保育園・幼稚園向け業務支援システム「KIDSNAキズナコネクト」は、時間外労働時間の集計機能を追加いたしました。勤務時間の集計を自動化、可視化できるようになります。早番・遅番などを含む保育施設の複雑なシフト管理にも対応し、給与計算など施設管理者の事務作業の負担軽減はもちろん、保育士の長時間労働の是正や実情に合わせた適正な待遇の実現を推進します。

保育士就職で一番に改善してほしいのは給与、集計可視化は「必要」
当社が運営する「保育士バンク!」主催の就職・転職フェア参加者108人を対象としたアンケート調査の結果、勤務先に求める事項として「給与面」との回答が86%。また、働きやすい職場づくりのための施策として、時間外労働時間の集計結果や有休休暇の取得状況などの可視化を求める声は76%を記録しました。

【Q.勤務先に改善してほしい事項は?】

【Q.時間外労働時間や有休休暇の取得状況の可視化について】

<可視化の必要性についてのご意見>
「実際に数字で見えないと、働き方は改善されないと思う」(女性、在職中、経験3年未満)
「見える化にすることで意識的に行動を変えることができる」(女性、在職中、経験5年未満)
「証明できる具体的なものがないと納得しないから」(女性、在職中、経験3年未満)
⇒キズナコネクトはこうした現場の声に対応します。

働き方改革をサポートする労働時間集計機能
これまでの勤怠管理機能は、始業時間と終業時間の記録に限定されていました。今回の機能増強で、倍率が様々に設定されている割増賃金も考慮した時間集計を自動化し、内訳を可視化します。早朝保育や延長保育などに対応した早番・遅番の時間帯など、施設ごとの規定を「カスタム時間帯」として登録することで、様々な条件に応じられるようになりました。複雑なシフト管理が必要な保育施設ですが、今回の機能強化で厳格かつ効率的な管理が可能になります。

 

長時間労働・サービス残業是正→人材課題の解消に
厚生労働省の統計で、2017年に私立保育園に勤めた保育士の1カ月の平均残業時間は約4時間でした[i]。ただし、実態との乖離が指摘されており、サービス残業が常態化されているのではと危惧する声もあがっています。
東京都の調査[ii]によると、保育士の退職理由として「給料が安い」が最も多く、「仕事量が多い」「労働時間が長い」が2、3番目でした。保育士不足の原因の一つは長時間労働と実際の待遇にあると考えられます。労働時間削減への取り組みや給与計算の厳格化は、人材不足解消の一手になることが期待されます。

 

[i] 厚労省 平成29年賃金構造基本統計調査 
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450091&tstat=000001011429&cycle=0&tclass1=000001098975&tclass2=000001098977&tclass3=000001098985&stat_infid=000031559736&second2=1

[ii] 東京都 平成30年度東京都保育士実態調査の概要(中間のまとめ)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/shikaku/30chousa.files/H30chukan.pdf

導入をご検討のお客様は下記よりお問い合わせ下さい