コラム

日々の保育業務に関するお役立ち情報を配信しています。

保育士の勤務時間はどのくらい?シフト制や時短勤務など

保育士の勤務時間はどのくらい?シフト制や時短勤務など
他の保育園などの保育士の勤務時間がどのくらいなのか気になる方もいるのではないでしょうか。シフト制や時短勤務、その日の業務内容によって勤務時間は異なるでしょう。保育士の仕事内容や各業務に一日どのくらいの時間を費やししているかなど、厚生労働省の資料を参考に解説します。

目次

    保育士の勤務時間が知りたい

    Have a nice day Photo/shutterstock.com

    保育士の勤務時間は何時から何時までなのでしょうか。 シフト制や時短勤務、業務内容によっても勤務時間は異なるでしょう。保育園は何時から始まり、保育士は何時間勤務しているのか、効率化できる業務はあるのかなどご紹介します。

    保育園の開所時間

    保育園の開所時間は自治体や保育園によって異なるようです。午前7時15分から午後18時15分と設定されている園もあれば、午前7時から午後18時としている園もあります。また、延長保育の時間も自治体や保育園によって異なり、午後19時15分や午後20時15分までなどさまざまなようです。

    シフト制の場合の保育士の勤務時間

    保育士はシフト制や時短勤務など、働き方がさまざまあります。それぞれ勤務時間はどのくらいなのでしょうか。 まずは、シフト制の場合の勤務時間について調べてみました。

    勤務時間の種類
    保育士は基本的に週休2日のシフト制で働くことが多いと言われています。シフト制の場合、朝番、中番、遅番に分かれ、それぞれ8時間労働となります。朝番の場合は、7時〜16時勤務、中番の場合は、9時~18時勤務、遅番の場合は、11時~20時勤務と設定している保育園が多いようです。

    シフト制の場合の一日の流れ
    朝番の場合を例として、保育士の一日の流れを紹介します。

    ・7:00 出勤
    子どもたちの登園前に掃除や設備チェックをし、受け入れの準備をします。

    ・8:00 園児登園
    登園時は保護者と子どもの様子について話すなど、出欠確認、体調の把握など行います。

    ・10:00 朝の会~散歩
    朝の会を行い、自由時間、散歩をします。

    ・11:00 昼食
    昼食の準備のために、園児の手洗いうがいを手伝います。
    食事中は補助が必要な場合は補助につき、食後は片づけを行います。

    ・12:00 お昼寝
    お昼寝の時間中に保育士は書類の作成など行います。

    ・14:30 おむつ交換
    オムツがとれていない子にはオムツの交換をします。

    ・15:00 おやつ
    おやつの準備や後片づけをします。

    16:00 自由遊び、帰りの会、退勤
    自由あそびの後に帰りの会をして退勤します。

    延長保育がある場合は随時対応したり、残業がある場合は退勤が遅れることもあるようです。

    時短勤務の場合の勤務時間

    では、時短勤務をしている保育士の場合はどのような勤務時間になるのでしょうか。保育士の職場での時短勤務は1日4~6時間で、早番や遅番がないところが多いようです。給料は雇用形態によって、月給制や時給制などさまざまです。時短勤務をしている分、常勤の保育士よりも、お給料は低くなってしまうかもしれません。時短職員は働く時間が短い分、仕事を効率よくこなす工夫が必要となることもありそうです。

    保育士は各業務に何時間使っている?

    保育士の勤務時間はシフトや雇用形態によって違うようです。では、保育士は日頃の業務にそれぞれどのくらい時間を使っているのでしょうか。 厚生労働省の資料を参考に解説します。

    保育に使っている時間
    保育に関わる時間として最も多いのが室内遊びで、毎日約1時間ほど発生しています。その他、スキンシップ、食事の援助に約30分、お昼寝に約25分など時間を割いているようです。

    保育以外の業務に使う時間
    保育以外では会議・活動記録・活動報告に費やす時間が約50分ほどかかっており、室内遊びについで2番目に時間を費やしているようです。その他には保育計画の準備や連絡帳の記入、保育の記録などの業務にもそれぞれ10分弱時間がかかっています。 保育園によっては手書きの業務が多いこともあるでしょう。場合によっては保育以外の業務が要因となって残業や持ち帰りの仕事になってしまうこともあるかもしれません。

    一方で、最近ではICTシステムを導入することで個人記録の作成や、朝の電話対応などの時間を大幅に削減しており、残業の削減などに努めている保育園もあるようです。国の補助金の支援などもあり、今後は保育士の業務効率化に取り組む保育園が増えるのではないかと予想されています。

    出典:保育士等に関する関係資料/厚生労働省

    保育士の勤務時間は園によって異なる

    maroke/shutterstock.com

    保育士は基本的には8時間勤務、時短勤務の場合は4~6時間勤務が一般的なようです。厚生労働省の資料によると、保育士は日頃の業務では保育に時間を割くことはもちろん、保育以外の業務にも時間を割いているようでした。特に会議や手書きでの連絡帳の作成などは時間がかかるようです。保育以外の業務が残業や休暇の取りにくさにつながってしまうこともあるかもしれません。

    一方で業務効率化に取り組む保育園では、保育以外の業務時間が削減されている場合もあり、保育士の勤務時間は、保育園によって違いがあるようです。

    KIDSNAコネクトで勤務時間を把握、業務の効率化につなげよう
    最近では国による働き方改革の影響で勤務時間に上限が設けられたり、保育士の処遇を改善する動きが活発化してきています。そのため、保育士の業務効率化が必要とされており、ICTシステムを導入する保育園も増えてきています。

    今回ご紹介したように、保育士の勤務時間は保育園によって異なるようですが、シフトの場合も時短勤務の場合も、保育以外の会議の参加や報告書の作成業務によって残業が発生してしまったり、休暇をとりづらい状況が生まれてしまっている保育園もあるかもしれません。

    そこで、保育士の業務を効率化する、ICTシステム「KIDSNAコネクト」の導入を考えてみてはいかがでしょうか。KIDSNAコネクトは保護者への連絡をシステム上で行うことができたり、児童情報をシステム上で管理することができるため、保育士の業務を効率化させることができるでしょう。

    保育士の勤務時間を削減し、業務の効率化や保育士の満足度を向上させたい場合は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

    導入をご検討のお客様は下記よりお問い合わせ下さい