利用者の声

キズナコネクトを導入いただいた保育園・幼稚園の声をご紹介します。

導入前には戻れない。アナログからの移行で保育をもっと楽しめる!

導入前には戻れない。アナログからの移行で保育をもっと楽しめる!
施設形態;認定保育室

株式会社創生 さくらんぼ保育園

園長 大竹様

アナログからの移行でICTシステムの便利さを実感

Q.導入する前の課題はどのようなものだったのでしょうか。

導入前は、園児の登降園打刻時間と職員の勤怠打刻時間の集計にとても時間がかかっていました。

うちの園では、園児もタイムカードで打刻していたので、園児と職員の分を計算すると、作業に2日間くらいかかっていましたね。

会計士さんに依頼するまでの期間も、5日間ほどしかなく、その間に修正や有給休暇の計算もしなければならず、とても大変でした。

タイムカードの両面に毎月保育園名や園児名を記入したり、半月毎(その月の15日)にタイムカードを裏返すという作業もありました。

私が15日に不在の場合は、みんな押し間違えてしまうこともあって…(苦笑)

押し間違えや修正があったときは、修正液で消してからもう一度打ち直したり、まとめて月末に修正する場合は、手書きで記入してハンコを押すという作業も発生していました。

タイムレコーダーのインクを交換したり、時間設定がずれてしまうので時報を聞きながら設定し直したり、細かい作業も発生してストレスでしたね…

Q.KIDSNAキズナコネクトを導入してみて、登降園時間の管理や勤怠管理の業務はどのように改善されましたか?導入前には戻れない。アナログからの移行で保育をもっと楽しめる!

園児の分も職員の分も打刻時間の集計にかかる時間がだいぶ減りました。

打刻もタイムカードに比べると、ピッとかざすだけなので簡単になりましたね。

ほかにも、毎月タイムカードの両面に保育園名や園児名を記入する作業、タイムカードを半月毎に裏返したり、時間を設定し直すという作業もなくなって楽になりました。

実は導入前は、ICTシステムを導入してもうまく使いこなせず、集計する時間がタイムカードを使うのと変わらなのでは?と漠然とした不安がありました。

でも、実際に導入してみたら、作業時間が10分の1くらいになって。

私が手作業で行っていたときよりも、ミスも限りなく「0」に近くなりましたね。

お金関係や自治体に提出する情報など、間違いがないように何度も確認が必要だったのですが、KIDSNAキズナコネクトを導入したことで確認作業へのストレスや計算などにかかる時間もだいぶ減りました。

Q.自治体への提出書類の作成は、やはり手間がかかっていたのでしょうか?

壁に掛けやすいよう、アイテムを使って工夫

そうですね。でも導入後は、監査時の書類作成もだいぶ簡素化されました。

監査の際に、職員の人数について聞かれても、ICTシステムで管理していれば、

必要な情報をすぐに引き出せるのに加え、パソコンの画面を見せながら説明できるので、今は手間がかかっていません。

1年間分の大量のタイムカードも、ダンボールにいれてまとめることも不要になったので、すっきりしました。

これだけメリットがあると、導入前のあの時代には戻れないですね。

費用と機能のバランスの良さを重視

Q.数あるICTシステムの中で、KIDSNAキズナコネクトをお選びいただいた決め手とは?

一番の決め手は、コスパの良さです。

認定保育室は基本的に補助金が出ないので、導入するにあたって便利かどうかだけではなく、機能と費用のバランスを重視して考えました。

KIDSNAキズナコネクトは、他のシステムと比較したときに、保育業務において、本当に必要な機能が揃っているかつ良心的な費用だと感じましたね。

「お知らせ配信」機能であらゆる情報を共有

Q.KIDSNAキズナコネクトの機能の中で、実際に使ったからこそわかる、魅力的な機能はありますか?

「お知らせ配信」の機能が便利ですね。

メールは基本的に確認しない方が多いのですが、緊急時や重要な情報は、アプリやコミュニケーションツールで連絡しても、埋もれてしまうのではと思っています。

そういう理由で常にメールを見てもらうためにも、お知らせ配信を活用してメールを送るようにしています。

うちの園では、保護者への連絡と、職員への情報共有のときにお知らせ配信を使っています。

Q.どのような内容のお知らせ配信を行っているのでしょうか?

保護者へは、園児ごとやクラスごとなど用途別にメールを配信しています。

メールの内容は、行事の案内や日常保育についてはもちろん、自転車置き場の変更など、保育室に関わる内容で周知したいことは、全てお知らせ配信を使っています。

職員へ向けてのお知らせ配信は、主に職員間の情報共有の際に活用していますね。

職員全員が見る掲示板にも連絡事項等は書いていますが、パートの先生など、すぐに確認できない場合もあるので、行事の時間変更等、全員にわかるように一度メールで送っています。

ほかにも、保護者へ送ったメールも職員に共有したりもしていますよ。

困りごとへも即対応。丁寧でわかりやすいサポート体制

Q.実際に導入してみてよかったと思う点はどこですか?

サポートの体制が充実していることと、要望に対しての対応が早いことです。

KIDSNAキズナコネクトのサポートの方は、「さくらんぼ保育園」とか「株式会社創生」と言えば、みんなが知ってくれている感じがして、本当にサポートされているという印象を受けます。

シンプルで使いやすいのはもちろんですが、電話でわかりやすく簡単に教えてくれるのもありがたいですね。

要望に関しては、一度、出力データに関する要望を伝えたことがあるのですが、要望してから割とすぐに対応してくれたことがあって…本当に助かりましたね。

緊急事態があったときも、早々に折返しの連絡がきて、原因や今後の対策もすぐに教えてくれます。

素早い回答や対応だけでなく、丁寧でわかりやすいサポートにすごく助けられているので、導入してよかったなと思います。

現場時間を長くして、保育をもっと楽しむ

Q.今後、KIDSNAキズナコネクトをどのように保育に生かしていきたいですか?

KIDSNAキズナコネクトを利用することで、私自身も保育現場に出る時間をもっと増やしたいと思っています。

導入前は、朝鍵をあけて、登園する子どもの受け入れをしたら、すぐ家に帰って事務作業をする、というような朝のみしか現場に出られない日もありました。

でも、KIDSNAキズナコネクトを導入してから、事務作業に手間や時間がかからなくなって、現場に出る時間が圧倒的に増えました。

現場は楽しい。私もずっと現場にいたいくらいなんです。

今後もどんどんKIDSNAキズナコネクトを利用して、現場での保育の時間を増やしていきたいですね。

導入をご検討のお客様は下記よりお問い合わせ下さい